ホーム » コラム »

タイガーが18オーバーとワースト記録

タイガーが18オーバーとワースト記録


(読売新聞10/8/9夕刊から引用)

米男子ゴルフツアー、世界選手権シリーズのブリヂストン招待は8日、米オハイオ州アクロンのファイアストーンCC(7400ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、首位と4打差の10位で出た宮本勝昌はバーディーなしの5ボギーでスコアを5つ落とし、通算イーブンパーの33位で終えた。

スポンサーリンク

石川遼は6バーディ、4ボギーで4オーバーの53位、池田勇太は通算10オーバーの69位。
通算12アンダーに伸ばしたハンター・メイハン(米)が今季ツアー2勝目、通算3勝目を挙げた。
不振のタイガー・ウッズはダブルボギーを2つたたくなどでスコアを7つ落とし、ツアー自己ワーストとなる通算18オーバーで、80人中の78位に終わった。
「モンスター」と呼ばれる名物ホールで、石川が見せ場を作った。米ツアー最長の667ヤードを誇る16番パー5で、この日まで過去に4人しかいなかった2オンに成功。
左セミラフからの第2打は残り250ヤードあり、左足下がりの難しい体勢だったが、3番ウッドでグリーンをとらえた。
石川は「トライしたいと思っていた」と笑顔だった。
かつて、こんな覇気のないウッズがいただろうか。通算18オーバーも、合計スコアの298も、アマ時代を含めて4ラウンドの自己ワースト記録。
「まだゴルフは楽しいか」と屈辱的な質問を浴びせられたウッズは、「18オーバーで楽しいわけがない。僕のハンデは0のはずだから」。冗談めかした口調でも、ぶ然とした表情は隠せなかった。
この日も、さえないゴルフだった。16番では3打目を池に入れてダブルボギー。

全米プロ選手権の前に行われた大会で、それに出場する日本人選手も出場しました。

パー70で7400ヤードとは、けっこう長いコースですね。昔ならタイガーがドライバーでビッグドライブをして、次のショットを短いクラブで球を上から落としてベタピン、という豪快なゴルフを見せてくれるようなコースなのですが…。

スポンサード リンク

日本選手の活躍

まずは日本人の活躍から。宮本選手は3日目まで好調だったんですね。最終日は残念ながらバーディーが取れませんでしたが、立派な成績だと思います。

石川も順位は振るいませんでしたが、最終日にスコアを伸ばせたのはよかったです。

優勝したのはメイハン選手。通算12アンダーとは驚きのスコアですね。なお、タイガー・ウッズがコーチをつけないという方針を変えて、全米プロの前に新しいコーチの助言を受けるようにしたのですが、そのコーチがこのメイハン選手のコーチなのです。

メイハンは通算3勝も挙げているので、彼のコーチであるショーン・フォリー氏は腕利きなんでしょうね。ボロボロのタイガーのゴルフも立てなおしてくれるでしょう。

こんなに崩れたのは初めて

さてそのウッズですが、自己ワースト記録を出してしまいました。私の記憶でも、ここまで崩れてしまった彼は見たことがありません。

確かにこのスコアで楽しいわけがありませんから、辛辣な質問ですね(笑)。でも、僕のハンデは0のはず、とジョークで返すところはさすがアメリカ人だと感心します。

日本人はなかなかこういうところでジョークは言えません。

ちなみにハンデが0と彼が言ったのは、ハンデが0ならイーブンパーかアンダーパーが当たり前だからという意味です。優勝したメイハンは12アンダーですから、あまりに差があります。

ここまでスコアが悪いことを考えると、おそらくスイングがばらばらで、球筋も定まらなかったのでしょう。

ウッズが現状を打破するには、やはりコーチに師事すべきだと思います。そのため、フォリー氏とどこまで立て直せるかに注目したいです。

石川遼の2オン

一方、石川遼は見せてくれました。16番ホールは667ヤードという恐るべき長さです。ここでみごとな2オンに成功しました。

セカンドショットが残り250ヤードということは…ティーショットで420ヤードほど飛ばしたことになります。笑うしかない飛距離ですね!

結果は残念ながらイーグルは取れなかったのですが、スプーンでグリーンに乗せたのもさすがです。おまけにセミラフからだったので、難しかったでしょう。

ここで私がもしこの16番をプレーしたらどうなるか勝手に想像してみます。もちろん2オンはできません(笑)ので、まずはティーショットをドライバーで打ちます。

いつもよりスイングを大きくして、230~240ヤード+ティーグラウンドの高さによる飛びを考慮して、まあ250ヤードくらい飛ばせれば御の字でしょうか。

すると、残りは417ヤード。グリーンまで辿りつけるんでしょうか。

セカンドはスプーンで210ヤードほど飛ばしたいところです。すると残りは207ヤード。

3打目もスプーンで打つと、運がよければグリーンに乗せられるかもしれません。いずれにしてもすごく長いですね! 池もあるので、4オン(ボギーオン)で安全に行った方がよいんでしょうね。

結局この試合の後に行われた全米プロでも勝てなかったウッズ。2011年にどれだけ復活できるでしょうか。私は底力のあるプレーヤーだけに、復活しそうな気がします。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)