ホーム » レッスン書の感想 »

「銀のゴルフ 中部銀次郎のスピリット」の感想・レビュー

「銀のゴルフ 中部銀次郎のスピリット」の感想・レビュー


スポンサード リンク

中原まこと作 政岡としや画 ゴルフダイジェスト社

日本でいちばん有名なアマチュアゴルファーといえる、中部銀次郎氏。本書は、中部さんの語られたゴルフの名言を、漫画化したものです。

スポンサーリンク

私も書店で中部さんの本がたくさん売られているのは知っていましたが、最近まで実際に読む機会はありませんでした。

そこで本書を買ってみたところ、とても実戦的なアドバイスから、人生にも通じる心の持ち方まで解説してあり、とても参考になりました。

また、飛距離よりも正確性を重視し、コース戦略でもグリーンセンターを狙っていくといった点は、当サイトの正確不動法と通じるところが多く、励ましていただいた思いです(と勝手に思っています)。

それでは本書で特に気に入った箇所をご紹介します。まず、ナイスショットは続かないというところです。たまにナイスショットが出るとまたそれを打ちたい、打たなければならないと思ってしまいがちです(私もです)。

しかし、実際にはナイスショットが続くことはありえませんし、それにとらわれてはゴルフを崩してしまうと書かれています。まさに納得です。

インテンショナルショットは使わない

また、インテンショナルボールを操ることを中部さんが自身に禁じたくだりも興味深かったです。このようにシンプルさを追求していった結果が、日本アマ6回の優勝という偉業につながったのではないかと思います。

他にも、ショット、攻め方、アプローチ、パッティングと役に立つ金言が満載です。

なお、本書は漫画仕立てになっており読みやすいのですが、コマ割が独特で、慣れるまでスムーズに読みづらかったのが唯一の難点でした。

まさに面白くてためになる。スコアアップを目指している方にぜひおすすめしたい一冊です。

なお、本書はシリーズ化されて3巻まで出ているようです。



もちろん本書(1巻)とは別の中部さんのアドバイスが掲載されています。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメント

  • ゴルフキャリア30年以上、オフィシャルは絶頂期で16まで行きましたが、加齢と共に次第に下手くそになり、60歳を過ぎてから100を切るのも自信のない状態です。又全くの自己流で長年オーバースイングが治らず悩み続けておりました。
    正確不動法を知り一回練習場で試したところ、オーバースィングも出来ませんし、尾骨を動かさないという意識でダフリも減ってきました。もっと正確不動法を自分のものすれば、晩年のゴルフが楽しくなりそうな気がします。ありがとうございました。

    2012年8月11日 1:14 PM | 葦原

  • コメントありがとうございます。ベテランゴルファーの方にそう言っていただけてとてもうれしいです。

    オーバースイング退治という点で正確不動法はもってこいだと思います。ダフリも減ってきたとのことで、どんどんスコアがアップするのではないかと思います。

    ぜひ楽しいゴルフ生活をエンジョイされてください!

    2012年8月12日 9:25 AM | いぬはちろう(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)