ホーム » マナー »

バンカーでのゴルフマナー

バンカーでのゴルフマナー


スポンサード リンク

(参考文献1から引用、抜粋)
バンカーの周辺には、トンボといわれるバンカーを平らにならす道具が置いてある。バンカーショットが終わったら、必ずこれでショットの跡や足跡をきれいにならさなくてはいけない。

これもディボットと同様で、ならされていない砂に自分のボールが落ちたことを考えれば、いかに大切なエチケットであるかがわかるだろう。

スポンサーリンク

また、バンカーは低いところから入り、ショット後は砂をならしながら同じところから出るようにすること。高いところから入ると土手も傷む。(引用終わり)

トンボはレーキとも呼ばれます。確かに他の人がならさなかったバンカーに自分のボールが落ちたら嫌ですね。大事なマナーです。

バンカーショットのことだけで頭がいっぱいになってしまいがちですが、忘れないようにしましょう。

バンカーに入ったところから出ることも大事です。こうしないと、自分の足跡をならすということが完全にできなくなってしまいます。

具体的には、バンカーに入ったことを知ったら、まずレーキを持って、土手になっていないところでボールに近いからバンカーに入ります。その際、入り口にレーキを置いておきます。

そして無事にボールをバンカーから出せたら、バンカー外に置いておいたレーキを取り、ショット跡や足跡をならしながら先ほど入ったところから出ます。こうすれば、足跡もきれいにならすことができます。

ちなみにプロゴルファーはどうしているのでしょうか。答えは、キャディが代わりにならしているようです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)