ホーム » 中部銀次郎の名言 »

欲張らないバンカーショット

欲張らないバンカーショット


(「銀のゴルフ」から引用、抜粋)
「中部さん、バンカーショットがうまくなるコツを教えてくれませんか?」誰の言葉だったか…、窓の開いているうちに打て、と言ったプロがいました。

アドレスをしたとき、これはうまく打てそうだな、ナイスアウトしそうだな、となんとなく予感することがあります。そういう心理状態を窓が開いている、と表現したんだと思います。

スポンサーリンク

(あなたは)自分自身で閉めているんです。バンカーショットはピンまでの距離が短いわりに大きなスウィングが要求される。だから心に不安が生じやすい。

でも一度で出れば御の字だという謙虚な気持ちで臨めば、それほど厄介な代物ではありません。

「中部さん、ボクもバンカーに足を踏み入れる前はそんな気分なんですが?」ところが足場を固めているうちに砂は固いとか柔らかいとかあれこれ考え出したんですね。

「ええ…他にもピンが意外に近いとか、土手が高いから高い球を打たなきゃとか。できれば1ピンに寄ってほしいとか、ホームランだけは避けたいとか!」

そんな風に抱えきれないほどの情報を仕入れて、欲と不安にさいなまれながらあれこれ思いを巡らせること、それこそが心の窓を閉じる行為に他ならないのです。

(窓を開くには)思い切ること! ただもう一度でバンカーから出ればそれで最高とそんな素直な気持ちに立ち戻ることです。

そうすれば心の窓が自然に開いて、スイングも大きくゆったりと理にかなったものになってくれるんです。(引用終わり)

スポンサード リンク

今回はバンカーショットのお話です。私はバンカーやラフなどを徹底的に避けるようなゲームプランを心がけているので、あまりバンカーショットは経験もありませんし、練習も熱心にはしていません。

そのため、今回の中部銀次郎さんのお話はとても参考になりました。バンカーショットは中部さんもおっしゃっているように、距離感がとても難しいですね。

私はバンカーショットのとき、シンプルなゴルフを目指しているために、フェースは開かず、基本的にエクスプロージョンショットではなく、クリーンにヒットするようにしています。

これなら、普通のショットと同じような感覚で打てるからです。しかし、目玉のときや、高い土手の下にボールがある場合には、これでは(少なくともグリーン方向には)出すことができません。

そうすると、砂を爆発させて出すエクスプロージョンショットがやはり必要となります。

やはり、足場を固めてどうやってバンカーから出そうか、と考えると、いろんなことを考え始めてしまいます。まずは一発で出るかなあ、と。そして、できればピンそばにつけたいと思います。

しかし、それは中部さんの言う「心の窓を閉じる」ことなんですね。つまり、あれこれ考えているうちにタイミングを逸してしまう、というようなことでしょうか。

欲張らなければリラックス出来る

よく、普通のショットでもアドレスで長い間打たずにいるときは調子が悪く、逆にスタンスをしてさっと打つときには調子が良いと言われます。

バンカーショットでも同じことがいえるということでしょうか。少なくとも、土手が高いから心配になったり(わたしもそうなりますが)、なるべくピンに寄せようと考えると、欲のあまり失敗の確率が高くなることは私の経験からいっても間違いありません。

やはり、中部銀次郎さんのおっしゃるように、とにかくバンカーから出すことを考えるのが正解だと思います。もちろんバンカーショットにすごく自信のある方は別です。

バンカーから一回で出せれば御の字だと思えば、確かにとても気が楽になります。そしてそれは、リラックスしてスイングできることにつながります。

逆に自分にプレッシャーをかけてしまうと、どうしてもスイングがぎこちなくなったり、無駄な力が入ってしまいます。

余計な力はいれない

ちなみにエクスプロージョン・ショットを打つ際でも、グリップに力を入れる必要はありません。ボールの2,3センチ手前にヘッドをドスンと落とせば、サンドウェッジのバンス(バウンス)によってヘッドが砂の下に入り、自然とボールを上げてくれます。

中部さんのゴルフ哲学は、余計な欲を捨てるということが貫かれていると思います。そしてそれがよいスコアにつながるのですから、本当に奥が深いと思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)