ホーム » 中部銀次郎の名言 »

頻繁にスタンスやグリップを変えることの問題点

頻繁にスタンスやグリップを変えることの問題点


スポンサード リンク

(「銀のゴルフ」から引用)カメレオンのようにショットのたびにマイナーチェンジを試みるゴルファーがいる。
スタンスをクローズにしたりオープンにしたり、グリップをストロングにしたりウィークにしたり、あるいはアドレスの手順そのものを変更したり。

スポンサーリンク

なぜそんな、ややこしい工夫をするんですか?
(中略)私にはあなたのゴルフは行きあたりばったりで効率が悪いものに思えてならないのですが。
「でもマイナーチェンジがバッチリはまってナイスショットが出ることだってあるんですよ!ほら!」
しかしそれは結局まぐれあたりみたいなもので長くは続かない。その結果さらなるマイナーチェンジに走り、何がなんだか分からないうちに一日が終わってしまう。結局効率も悪いし上達にもつながらないとは思いませんか?
(中略)そもそも技術なんてそんなに急に向上したり低下したりするもんじゃありませんし、ナイスショットとミスショットの差なんてほんの紙一重ですから。
チェンジするよりキープするほうが大切だと私は考えています。(中略)穏やかな気持でプレーするとか冷静な心でクラブ選択や状況判断をするとか、”心の色合い”を一定にキープしておくこと。18ホールそれを貫き通せれば、やがてミスも少なくなるし上達にもつながってゆくんです。

中部銀次郎さんのお言葉を読むたびに私は「うーん」と唸っているんですが、今回も唸ってしまいました(笑)。

なぜうなるかといいますと、深いからです。今回の話もゴルフだけでなく、人生に生かせるものだと思います。

打つたびにマイナーチェンジを試みる。気持ちはよくわかります。ミスショットが出れば、「ここを変えればよくなるんじゃないか」とつい思ってしまいます。

スタンスを変えると

例えばスライスが出たら、クローズスタンスにしたくなります。クローズならインサイドアウトのスイング軌道になるので、インパクトでクラブフェースが閉じやすくなり、スライスが出にくくなるというわけです。

理論上はそのとおりですが、これは非常に難しいと思います。その理由は第一に、オープンやクローズドスタンスは正しくターゲットに向けてスタンスをとるのが難しいのです。

スクエアスタンスなら、打ちたい方向に平行にスタンスをとればよいのですが、クローズではフックやドロー系の球筋になる(ことが多い)ので、どっちを向いてアドレスするかが複雑になってしまいます。

第二に、スタンスを変えるということは、インテンショナルショットを打つことになるわけです。例えばクローズスタンスでは、構えたときにフェースを閉じた形で構えます。

これは慣れないとなかなかしっくり来ません。もちろんクローズやオープンスタンスがいけないというのではなく、マイナーチェンジでころころ変えるのがいけないと思うわけです。

グリップ

グリップについても中部さんがおっしゃっています。確かにグリップの向きを変えるだけで、球筋を変えることができます。同じくスライスの例でいきますと、フックグリップ(ストロンググリップ)にすればフック系のボールが出やすくなるので、即座にスライスを解消できるように見えます。

しかし、仮にあるゴルファーがスクエアスタンス、スクエアグリップで構えて、大きく曲がるスライスが出てしまうなら、スイングのどこかに問題があります。

フェードなら立派な持ち玉にできますので、フェードのゴルファーはそもそもグリップを変えようとしないでしょう。

さて、そのどスライス(私も最初の頃散々悩まされました)を矯正するには、スイングの問題点を見つけて修正しないといけません。

それをせずに、グリップをいじれば、一時的にはスライスを直せるでしょう。しかし、スイングの根本的な問題を直していない以上は、再び違う問題が生じるはずです。

具体的にはスライスが再発したり、飛距離が落ちたり、ダフリやトップが出たりするでしょう。

問題点を根本的に矯正する

逆に言えば、どスライスが出るということは、スイングに問題があるよ、とボールが教えてくれているわけです。それなら、対症療法でどうにかするのではなく、根本的に直すチャンスだと言えます。

スライスが出るからスタンスやグリップを変えようとすると、大きな問題が生じます。それは、「どこをどう直せばよいのか分からなくなる」ことです。

プロのティーチングコーチにレッスンを受けていればどこが問題かを指摘してくれるでしょう。もっともレッスンプロが応急措置でスタンスやグリップをいじることはないでしょうけれど。

一方、独学でスイングづくりに励んでいる場合、スタンスやグリップを頻繁に変えていると、ショットがおかしくなってもどこを直せばよいのか皆目見当がつかなくなってしまいます。

そのため、やはり中部銀次郎さんのおっしゃるように、確固たる方針のないマイナーチェンジをくり返すのはよくないと思います。

ただ、私自身もマイナーチェンジを繰り返していた経験がありますので、チェンジでなくキープする難しさもわかります。

それでも、スイングを矯正するならマイナーチェンジでなく、1カ所だけをメジャーチェンジしてみたらどうでしょう。それもちょくちょく変えずに、数カ月は続けてみると、そのチェンジが正しいかどうかわかってきます。
参考:グリップはスクエアで握る

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)