ホーム » オーソドックスなゴルフスイング »

オーソドックスなゴルフスイングの方法1 正確不動法との違い

オーソドックスなゴルフスイングの方法1 正確不動法との違い


すごく久しぶりの更新になってしまいました。正確不動法のゴルフスイングについては書き尽くしたので、オーソドックスなゴルフスイングのやり方を書きたいと思います。

普通のゴルフスイングと正確不動法との大きな違いは、スイングの大きさと、尾骨の位置・角度を動かさないことです。

スポンサーリンク

スイングの大きさについては、正確不動法は通常でいうハーフスイングの位置までしかクラブを上げません。

そのため正確不動法はとてもショットの正確性が高く、ショットがほとんど曲がりませんし飛距離もブレません。

飛距離は劣る

ただ、その反面正確不動法は飛距離の点ではやはり少し劣ります。

尾骨の位置と角度を動かさないという点は、私が知る限りこの方法を提唱しているレッスン書やDVDなどはありません。

ただ、軸をなるべく動かさないということは書いてある事が多いですね。

しかし、ゴルフスイングの軸を動かさないというのは一見わかりやすいようで、実は意識してもなかなか難しいのです。

スポンサード リンク

普通のスイング作りにも正確不動法は役立ちます

というわけで、オーソドックスなゴルフスイングをマスターしたい方にも、正確不動法は役に立つと思います。

なぜなら、軸をなるべく動かさないために、尾骨の位置と角度をなるべく動かさないようにするのはとても効果的だからです。

正確不動法は特殊な方法だけに、ゴルフ仲間などにいろいろ言われて気になることもあるでしょう。

また、もっと飛ばしたいというゴルファーにとっては正確不動法より、一般的な普通のゴルフスイングのほうが適しています。

私のゴルフスイングについての考えは、やはり「飛距離よりも正確性を重視する」というものです。

そして、初心者ゴルファーでも独学で、しっかりマスターできるゴルフスイングがよいと思っています。

グリップ

それではまずグリップですが、まずはスクエアグリップがよいです。

グリップをニュートラル(中立)な状態にすることで、ショットがおかしくなったときに、「グリップはきちんとスクエアにしているので、それ以外の問題だ」と判断できるからです。

グリップの仕方は固定する

スライスを矯正・退治するためにはフックグリップ(ストロンググリップ)にするのも一つの手です。

ただし、ストロンググリップにするなら、その後はグリップをちょくちょく変えないようにしましょう。

グリップを変えればショットはすぐに変えることができますが、グリップをいじるのが癖になると、それ以外のゴルフスイングの問題点がわからなくなってしまうからです。

オーバーラッピンググリップのメリット

続いてグリップの握り方ですが、オーバーラッピンググリップが一番人気があるので、オーバーラッピンググリップでよいです。

この方法は右手の力を弱めることで、左手主導のゴルフスイングをすることができます。

ちなみに丸山茂樹プロは左手親指付け根の故障を抱えています。故障は残念なことですが、左手主導のゴルフスイングをしている証でもあります。

インターロッキンググリップでもいいですが、右手の力を弱めるという意味ではオーバーラッピングのほうが効果的な気がします。
続き:オーソドックスなゴルフスイングの方法2 ゆるゆるグリップとスタンス

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)