ホーム » オーソドックスなゴルフスイング »

オーソドックスなゴルフスイングの方法2 ゆるゆるグリップとスタンス

オーソドックスなゴルフスイングの方法2 ゆるゆるグリップとスタンス


ゴルフスイングにおけるグリップについては、なるべく力を入れずに、「ゴルフクラブが飛んでいかない程度に、力を抜いて握る」のがよいです。

いわゆるゆるゆるグリップで、高松志門プロも提唱されています。

スポンサーリンク

力をなるべくゆるめることで、フェースの走りがよくなり、飛距離を伸ばせるからです。

また、きちんとフェースが返ることで、スライスを予防できます。逆にグリップに力を入れてしまうと、ゴルフスイングのインパクトでフェースが返りにくくなり、フェースがオープンになってインパクトを迎えてしまうわけです。



スライスの防止にもなる

このゆるゆるグリップは自動的に実践できるようになるまで、繰り返し練習しましょう。

次にアドレス・構え方です。これもゴルフスイングを作るのにとても大事な点です。

まず、スタンスはスクエア(飛球線に対して平行)がよいです。その理由は、ターゲットに対して正確に構えやすいからです。

スポンサード リンク



正確に構えられるというメリット

高松志門プロのようにクローズドスタンスにしたほうが、体のパワーを発揮できて効率的なゴルフスイングができる、というのも一理あります。

しかし、オープンやクローズドのスタンスはターゲットに対して正確に構えにくく、これは大きなデメリットでもあるのです。

プロゴルファーなら練習量が違うので、スクエアでないスタンスでも正確に構えられるでしょうけど、アマチュアゴルファーには不向きだと思います。

なぜスクエアなのかといえば、一番シンプルなので、いつも同じように構えることができるからです。

この「毎回同じようにできる」という点は、ゴルフスイングにおいてとても重要です。

なぜなら、毎回同じように構えられなければ、毎回同じようなショットを打つことができないということになってしまうからです。

同じショットを打つために

そうなれば球筋も飛距離もばらつきが出てしまい、スコアアップは望めないわけです。機械のように毎回同じ動作ができるのがゴルフスイングの理想です。

さてアドレスの取り方の続きですが、やはり癖のない、一般的なアドレスをとるのがいいですね。

軽く腰を落とすシッティングスタイルで、グリップを構える高さもハンドアップでもハンドダウンでもない、普通の位置がよいです。

これはゴルフクラブ(7番アイアンあたりがいいです)をきちんとソールしてみて、クラブのグリップを掴めば、そこが適正なグリップの高さです。

基本は背筋を伸ばす

ちなみにアイアンではライ角がとても重要になります。もし機会があれば、一度クラフトマンがいるゴルフショップでライ角を診てもらうとよいですね。

そして、背筋は無理のない程度に(軽く)伸ばすのが一般的です。こうするとスイングの軸がまっすぐに近くなるので、動作がスムーズになり、ヘッドスピードが上がるからです。

ただしその人の生まれ持っての骨格もありますので、ご自分に合った姿勢でもよいでしょう。

とはいえ、あまり極端な猫背ですとゴルフスイングの動作がやりにくいと思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)