ホーム » プロツアー情報 »

2010年日本シリーズJTカップで藤田寛之がメジャー初制覇

2010年日本シリーズJTカップで藤田寛之がメジャー初制覇


(日本経済新聞10/12/6から引用)(日本シリーズJTカップ最終日)2位に3打差の首位でスタートした藤田寛之が1イーグル、3バーディー、1ボギーの66をマーク。
通算15アンダー、265で国内メジャー初制覇、今季ツアー最終戦を飾った。

スポンサーリンク

(中略)4月のつるやオープン以来、今季2勝目でツアー通算10勝目。前半伸び悩んだが16番でバーディー、17番ではイーグルを奪取。
大会タイ記録の61と猛追した谷口徹に1打差で逃げ切った。
(中略)スタート前から苦戦を覚悟。「勝負は上がり3ホール」と読んでいた。(中略)17番(パー5)は3番ウッドの第2打を「自分でもびっくりするほどうまく打てて」ピン奥6メートルに乗せ、1パットのイーグルを決めた。
圧巻は最難関の18番のパーセーブだ。第一打をグリーン右のバンカーに入れ、第2打でピン右上60センチに。「ここの18番の傾斜のきつさは日本一。距離を合して弱く打てば大きく曲がる。真っすぐ強めに」と腹を決め、1パットで沈めた。
「外れていたら8メートルはオーバーしていた。僕のゴルファー人生で一番怖いパットだった」と振り返る。
今回の優勝で4千万円を加算し、賞金ランクは2位。来年の全米、全英両オープンの出場権を確実にした。現在58位の世界ランクが50位以内に上がれば、「夢の舞台」とあこがれるマスターズの切符も手にする。
(中略)(キムキョンテは)母国では「怪物」と呼ばれたが「優男」の風情だ。飛距離が出るほうではない。強さよりもうまさを印象づける。
「弱点のない選手。とにかくミスが少ない。まるで機械がゴルフをしているように正確」とは石川の評だ。
(中略)来春のマスターズ初出場などをにらみ、オフは体力づくりに励むという。石川、池田について「お互い、いい刺激を与えられれば」。向上心にあふれ、来期も手ごわいライバルとして日本勢の前にたちはだかる。

ついに藤田選手がメジャー初制覇を成し遂げました。これまで安定した強さを見せていただけに、念願だったと思います。

スポンサード リンク

それにしてもメジャー大会の最終日に66を出せるとはやはりすごいですね。3日目終了時点で1位だったということは、最終日は常に追われる立場だったわけです。

これはすごいプレッシャーなはずです。おまけに谷口徹が61という爆発力を見せましたから、まさに厳しい戦いでした。

ところでキムキョンテ選手はこの大会でも5位に入り、本当に安定していますね。賞金王なのもうなずけます。

石川遼もキム選手の安定感を褒めていましたが、正確な機械というのは当サイトの正確不動法も目指すところです。もちろんプロとは目指すレベルは違いますが。

アマチュアのお手本にしやすいプレースタイル

石川と金とはまさに対照的なゴルフです。石川は基本的にドライバーを使い、ビッグドライブを見せたうえで、短いクラブでピンに寄せるというアグレッシブなものです。

金は平均飛距離はおそらく石川より20ヤードほどは劣るでしょうが、ショットもパットもアプローチも安定しています。

石川のプレーは派手なので、見ているととても面白いですが、安定して成績を出すのが難しい面もあります。

というわけで、私達アマチュアゴルファーとしては、金のほうがお手本にしやすいと思います。飛距離などで飛び抜けたものを持つのではなく、ショットもパットも小技も全体として高いレベルを持つ、オールラウンダーです。

キムの実力なら、海外メジャーでも上位を狙えると思います。日本勢も彼を奮起の材料にして欲しいです。

一番怖かったパット

さて藤田寛之です。17番でイーグルを取れるのがすごいですね。6メートルのパットを入れるのはプロでも難しいはずです。実力だけでなくそれが運を呼び込んだのでしょうか。

18番では、ティショットがバンカーに入ってしまいました。谷口が追いかけているだけにミスは許されません。そこで2打目を60センチに寄せたのもミラクルです。

しかし、ここのグリーン傾斜はとてもきついとのこと。60センチですから普通は短い簡単なパットですが、ここではオーバーしないように少し打てば、こんどは球に勢いがないので大きく曲ってしまう。

そこで強めに打ったそうです。これはとても勇気がいるはずです。外れていたら8メートルはオーバーしていたというのですからほんとうに恐ろしいですね。

仮に外れて8メートルオーバーしていたら、次のパットを1打で沈めたとしても谷口徹とプレーオフになっていたのです。2パットなら負けていました。

まさに乾坤一擲の大勝負だったんですね。しかし、その思い切りの良さが勝利を呼び込みました。

これで全米と全英オープンの切符を手にしました。この調子で海外メジャーでも上位争いを期待します。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)