ホーム » プロツアー情報 »

2010女子ゴルフツアーが開幕

2010女子ゴルフツアーが開幕


スポンサード リンク

(日本経済新聞10/3/3から引用)
2010年の女子ゴルフツアーは3月5日、ダイキンオーキッドで開幕。
ツアーの賞金総額は28億8100万円と微減だが、試合数は前年と同じ34。

スポンサーリンク

女王レースは昨年1、2位の横峯さくら、諸美里しのぶが中心か。
昨年、プロ6年目で満願成就となった横峯は、安定感ではぬきんでている。昨シーズンは平均ストローク70.42、パーオン率71.69など4部門で1位。
ただ本人は、連覇へのこだわりはほとんどないという。今シーズンの目標は「海外で好成績を残すこと」。オフはショートゲームを磨き、海外メジャー制覇も視野に入れる。
諸美里はワールド・サロンパス杯、日本女子プロ・コニカミノルタ杯とメジャー2勝を含む6勝を挙げながら土壇場で涙を飲んだ。
ショートアイアンの精度を上げることを課題に、平均ストローク1位(昨季は5位、71.05)を目標とする。
昨季5勝で賞金ランク3位と急成長した有村智恵、昨年はアメリカツアー最終予選会で失敗した飛ばし屋の三塚優子は、一段の飛躍へ気合が入る。
一昨年の女王、古閑美保はハワイ、タイで精力的に合宿を行い、「早めに1勝して勝ち星をどんどん積み重ねていきたい」。今シーズンはメンタルコーチと契約し、巻き返しを図る。
同じく勝ち星のなかった実力者の不動裕理、福島晃子もベテランの意地を見せたい。
台風の目は、07年女王の上田桃子。アメリカツアーで初優勝を目指すとともに、国内戦も15試合は出る予定で、「女王争いに割って入りたい」と意気込む。
昨年12月の最終予選会では韓国勢が上位を独占した。1位のヤング・キム、3位のイ・ソナら米ツアー優勝経験者が並ぶ。昨シーズン4勝の全美貞、李知姫らとともに日本選手を脅かしそう。
新人では昨年の日本女子アマを制した19歳の藤本麻子に注目だ。

コメント:この不況下でも試合数が減らなかったので、関係者はほっとしたでしょう。確かアメリカの男子PGAツアーは試合数か賞金がかなり減ったと聞きました。

横峯さくら

まず注目はやはり昨年賞金女王の横峯さくらです。今年は海外に重きを置くそうですが、飛距離も出ますし、安定感があるので活躍が期待できます。

諸美里しのぶは美しいスイングに定評があります。私から見るとショートアイアンの精度は十分すぎるようにも思えますが、やはりプロは面でなく点を狙うような正確さが求められるのでしょうね。

有村智恵は最近安定して上位に名を連ねています。

古閑美保はメンタルコーチと契約したそうですね。宮里藍もメンタルコーチの指導を受けています。ゴルフはメンタル面がとても重要ですから、そこが強化されれば、再び古閑選手の活躍を見られそうです。

続いて、不動裕理選手です。私は不動選手の安定感は素晴らしいと思っていました。スイングにも無理がなく、アマチュアがお手本にしたいゴルファーだと思っています。

ここ数年は目立った勝利がないのが残念ですが、持ち前の安定感で活躍を期待します。

福島晃子はアメリカツアーに行ったとき、向こうの人がそのスイングの高いトップに驚いたそうです。

力強いスイングから繰り出されるショットが魅力です。

韓国勢は強いですね。毎試合のように、上位に顔を出しています。韓国人選手に刺激を受けて、日本勢もさらに奮起してもらいたいところです。

それから、私が応援しているのは昨年の賞金ランク9位の馬場ゆかり選手。140センチ台の小柄な体でがんばっているのがすごいと思います。去年は勝利がありませんでしたが、ぜひ今年は勝利を期待します。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)