ホーム » 正確不動法 実践編 »

経験者のゴルフスイング改造のための練習法

経験者のゴルフスイング改造のための練習法


今度はゴルフ経験者のためのスイングを改造する方法と実行計画をご紹介します。

といっても、行うことは初心者のための練習方法とほとんど同じです。

スポンサーリンク

ただ、一からはじめる初心者が正確不動法をマスターすることの方が、経験者のゴルフスイング改造よりもずっと簡単なのです。

というのも、経験者は良くも悪くもご自身のスイングのくせ(クセ 癖)が付いていて、それを変えるのはなかなか大変だからです。

それでも、本気で取り組めばすぐに正確不動法はマスターできるはずです!

アドレスのチェック

それでは練習場に行き、まずはアドレスをチェックしましょう。目標(ターゲット)に向けてまっすぐスタンスを取れているかはとても重要です。これができていないとすべてのスイングがずれて飛んでしまうからです。

そのためには、練習場内の目印(旗とかヤード表示など)を見つけて、そこにまっすぐ打ち出せるようにすればよいです。インサイドインの軌道ができていて、スタンスも正しく取れていれば、まっすぐ打ち出せるはずです。

スポンサード リンク

背筋を軽く伸ばす

また、背筋は伸びていますか。例えば体の事情で背中を伸ばすのがきつい方は無理に背筋を伸ばさなくても自然な体勢でよいですが、そうでない場合はやはり背筋を伸ばすポスチャーが鉄則です。

背筋を軽く伸ばしたアドレスにすれば尾骨に意識が行きます。この尾骨の位置と角度をスイング中、動かさないことがスイング改造でもっとも重要です。

逆に言えば、これさえ実践すれば、リバースピボットやあおり打ちなどのスイングの問題を一挙に矯正できます。

素振りで問題点をチェック

アプローチのようなリストコックを使わないショットで体をほぐしたら、3時から9時の大きさの素振りをしましょう。

注意点としては、
・テークバックで手首を動かしていないか。手首を動かすと8の字スイングなどの原因になります。

・トップ(3時)の位置で左腕が上から見て飛球線と平行か。これが平行でないと、アウトサイドインかインサイドアウトの軌道になります。

・ダウンスイングは左足を踏み込むところから始めているか。

・トップで右ひざは伸びていないか。ただしひざに故障のある方は伸ばして結構ですが、その場合腰が回りすぎて尾骨が左に傾きがちですので、そうならないように注意してください。

・グリップに力が入りすぎていないか。

以上の点に注意してチェックしてみてください。これらをクリアできれば、スイングがかなり改善されているはずです。

球を打ってみる

素振りが問題なくできれば、次は球を打ちましょう。正確不動法の原則は、球の位置は左かかと線上です。番手で位置を変える方はそれでも結構です。

球を打つ際に最も重要なのは、やはり「尾骨の位置・角度を動かさない」ことです。

次に、トップを3時の位置より上に上げないことです。つまり一般的なスイングでのハーフスイングよりも大きなスイングにしないことです。

ここまで来れば、だんだんとスイングが矯正・改善されて、まっすぐ飛んで曲がらないストレートボールか、もし曲がっても少ししか曲がらない球筋になります。そして毎回芯を捕らえた打感のよいショットが連発されるはずです。

これでスイング改造は終了です。何回かの練習所通いで可能なはずです。

こうなれば、あなたのショットはコースでも正確にフェアウェイ(フェアウェー)を捕らえ、アプローチの精度も向上して、スコアも自然に上がること間違いなしです。

そのとき、おそらく正確不動法による上達の早さにびっくりされることでしょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)