ホーム » 正確不動法 実践編 »

スライスを矯正するためのゴルフスイング

スライスを矯正するためのゴルフスイング


スポンサード リンク

スライスを直す(治す)にはどうゴルフスイングを変えればよいか、その方法をご紹介します。

スライスとは、インパクトでフェースが開くことにより、球が大きく右に曲がることです(左利き、レフティーの場合は左に)。

スポンサーリンク

ちなみにスライスの曲がりが少ないものをフェードといい、別名をカット打ちともいいます。

出典は忘れてしまいましたが、レッスン書に「クラブの構造上、スライスは当然出るものだ」と書いてありました。その言葉どおり、多くのゴルファーがスライスに悩まされます。

もちろん、正確なショットを至上命題とする正確不動法にとってもスライスは大敵です。

スライスの原因

それではどうすればスライスを矯正・克服できるでしょうか。まず、スライスの主な原因を見てみましょう。

原因としてよく言われるのはアウトサイドインのスイング軌道になっていることです。いわゆるカット打ちです。

ただ、アウトサイドインでもフェースの開き具合が少なければフェードになるので、正確不動法のようなストレートボールを求めるのでなければ特に問題はないです。

アウトサイドインやグリップをチェック

アウトサイドインを直すには、バックスイング トップでの腕の角度でご紹介した方法を実践すれば、すぐに是正できます。正確不動法でのトップの位置での左腕の角度と、フィニッシュでの右腕を「左右対称」にすれば、アウトサイドインにはなりえません。

次の原因として、グリップに力が入りすぎていることがあります。正確不動法ではスイング軌道はインサイドインになりますので、一般的なスライスの原因であるアウトサイドインの軌道は問題になりません。

そこで、正確不動法の場合、スライスの主な原因はグリップに力を入れすぎていることになります。

グリップに力が入りすぎていると、インパクトでヘッドが走らず、ヘッドが遅れてくるので、フェースが開いたままインパクトを迎えます。そのためスライスになります。

スライスとクラブヘッド

わかりにくい図ですみませんが、左がストレートボールの出るインパクト、右がスライスの出るインパクトです(極端に描いています)。丸が頭で、線がクラブシャフトです。インパクトでヘッドが走らないために、フェースが開いています。

これを直すには、グリップは無駄な力を入れずに握るでご紹介したように、なるべく力を抜いたグリップにすると良いでしょう。

トップでの手首の折れ

もう一つ、スライスの主な原因として挙げられるのが、トップで左手首が甲側に折れることです。

実は私も正確不動法のゴルフスイングを始める前に、このくせがありました。

そのころはクラブシャフトと地面とが平行になる高いトップを目指していたのですが、トップが高い位置になるとクラブの重みで手首が折れてしまいがちなのです。

トップでの手首の折れ
そこで直す方法ですが、正確不動法はトップの位置が3時の位置と低いので、手首は折れにくいです。リストコックの動き以外は左手首の角度を変えないように意識していれば、この問題は起きません。

なお、正確不動法でも応用編のスリークォーター・スイングにした場合や、また正確不動法以外の一般的なスイング=トップがスリークォーターよりもさらに高いトップのスイングを目指している場合には、左手首が甲側に折れないように注意することが唯一の矯正法です。

スライスは特に初心者の敵で、悩む方も多いと思いますが、正確不動法のゴルフスイングならスライスをすぐに矯正できるはずです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメント

  • いぬはちろう様

    はじめまして。dudtと申します。
    コースに出れば出るほど下手糞になっていき、もう諦めかけていたときにこのサイトに出会いました。
    正確不動法を読み込んで一週間毎日スイングの練習に通い、おかげさまで20ほどスコアアップ。もう少し続けてみようかなという気になってきました。
    さて、質問ですがスイングの練習で難しいところが二つあります。
    初心者過ぎるかもしれませんがご教授いただけると幸いです。

    1.尾骨の位置がぶれない様に意識しているが自分では良く分からない。また、意識しすぎると
    全身が硬くなってしまう。
     尾骨はぶれない様にしてその場で回転を意識していますが、どうしても動いているような気がします。
    しかし、それを確かめる方法が良く分かりません。スイング軌道自体はどうしてもアウトインになっています。
    また、尾骨をその場にとどまることに集中すると全身が硬くなっているような気がします。たまに、何も意識しないで
    軽く振るとかえってまっすぐ飛んで距離も出るような気がします。
    リラックスしてかつ尾骨がぶれていないことを確かめる方法はございますでしょうか?

    2.バックスイングで左腕を飛球線に平行にすると右脇が開いてしまう。
    上記に書きましたが、左腕を飛球線に平行にすると右脇があいて、そのままおろすとアウトサイドインの軌道
    が見えます。かといって、右脇を無理に閉めるとインサイド気味になりますがスイングプレーンが壊れているような
    気がするし、ダフったりトップしたりして安定しません。これも何か根本的に勘違いしているところがあるような
    気がします。もし何か注意すべき点があればご教授下さい。

    以上です。

    2012年7月29日 4:12 PM | dudt

  • dudt様、コメントありがとうございます。見事にスコアアップされたそうで、お役に立ててなによりです。ゴルフは一生懸命練習しても逆にうまくいかないということが多いですよね。

    >初心者過ぎるかもしれませんが

    いえいえ、全くそんなことはございません。逆に腕の角度などについて当サイトの不備に気づかせていただきました。

    1について。

    >尾骨の位置がぶれない様に意識しているが自分では良く分からない。

    おそらくこれで十分に尾骨の位置がぶれないようにできているはずです。尾骨のあたりを意識していれば、右や左に動いたり、体が起き上がったり沈み込んだりすればそれを感じるからです。

    また、次のような方法もよいと思います。それは、素振りであえて尾骨を動かしてみるのです。右に移動させたり(スエー)、右に傾けたり(すくい打ち)、尾骨の傾斜角度を浅くしたり(起き上がり)といった感じです。

    こうしたあとで、尾骨の位置と角度を動かさないようにスイングしてみると、動かさないとこういう感じか、というのが体感できると思います。

    尾骨を動かさないように意識する点については、あまり厳格に考えなくても、位置や角度が大きく動いていなければそれで十分と捉えていただいても大丈夫です。

    また、それくらいの気持ちのほうが、リラックスできるかもしれません。

    もう一つの方法として、他の方に尾骨の場所を押さえてもらうというものがあります。軽く押さえてもらうと、よく場所が意識できます。ただ、クラブを持つと押さえてくれている人に当たってしまうかもしれませんので、クラブを持たずにシャドースイングするか、短い紙の筒などを持つことをおすすめします。

    >意識しすぎると全身が硬くなってしまう。

    上記のようにあまり厳密に尾骨を意識せず、大きなブレがなければいいという気持ちでスイングすると解消すると思います。また、正確不動法は軸をできる限りずらさないことを理想としていますので、その分スイングがきゅうくつになるのは否めません。

    テレビでアマチュアゴルファーがプロとラウンドする番組を見ていますと、多くのゴルファーが右に多かれ少なかれスエーします。これは、スエーしたほうが捻転が楽だからです。

    ただ、正確不動法ではスイングがかなりコンパクトですので、スエーしなくても捻転は可能です。それでも(通常のハーフスイングの位置で)捻転が窮屈であれば、少しスエーしても大丈夫です。ただ、スエーの程度をなるべく少なくしてください。

    2について。スイングがアウトサイドインになっているのでは、というご質問ですね。まず、ボールの打ち出し方向はどうでしょうか。飛球線に沿ってまっすぐ打ち出されているなら、スイング軌道はインサイドインです。

    一方、飛球線より左(右打者の場合)に打ち出されているなら、アウトサイドインです。

    当サイトでトップ(通常でいうハーフスイングの位置)で左腕が飛球線と平行になると書きましたが、この点については他の方からもやりにくいというご意見をいただいており、見なおしたほうがよいかな、と考えております。

    ゴルファーはそれぞれ体格や体の柔軟性が異なるので、「左腕が飛球線と平行」という基準はあまりよくないかもしれない、と反省しております。

    そこで、スイング軌道をインサイドインにするには、次のようにしてみてください。まず、素振りで一般にいうハーフスイングをしてみます。これが正確不動法でのトップからのスイングになります。

    3時-9時のスイングですね。このときに、「3時の位置での左腕の角度」と「9時の位置での右腕の角度」が左右対称になるようにしてください。

    これでオーケーなはずです。すなわち、当サイトではこれまで左腕を飛球線に平行に、としてきましたが、左右対称であれば飛球線に平行でなくてもよい、と修正しました。

    詳しくはバックスイングのトップの位置、腕の角度、リストコックを書き直しましたので、ご覧いただければと思います。

    新たにご質問などございましたらご遠慮なくお寄せください。

    2012年7月30日 8:54 AM | いぬはちろう(管理人)

  • いぬはちろう様
    早速の御回答ありがとうございます。練習してみて報告します。
    いつもながら、単純明快かつ絶対の基準を示していただき安心して取り組めます。以前に中心感覚打法という本があり、目次しかみてないのですが、こんなにはっきりした基準はなかったと思います。私も尾骨は人の運動の中心と感じており、継続して練習しようと考えます。

    2012年7月31日 9:51 AM | dudt

  • どういたしまして!

    >いつもながら、単純明快かつ絶対の基準を示していただき安心して取り組めます。

    そういっていただけるととてもうれしいです。練習場でもそうですが、コースでラウンドするとき、絶対的な基準があると安心してスイングできますね。

    >以前に中心感覚打法という本があり、目次しかみてないのですが、こんなにはっきりした基準はなかったと思います。

    中心感覚打法は初耳です。本屋さんにあったら読んでみたいです。おっしゃるとおり、スイング軸を動かすなという本はありますが、基準の明快さという点では正確不動法はなかなかだと自負しておりますw

    >私も尾骨は人の運動の中心と感じており、継続して練習しようと考えます。

    なるほど、中心ですか。ゴルフは回転運動なので特にその表現がぴったりだと思います。
    dudt様のスコアがさらに上がることを願っています。

    2012年8月1日 8:55 AM | いぬはちろう(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)