ホーム » 正確不動法 実践編 »

プッシュアウト、ひっかけのゴルフスイングを矯正する方法

プッシュアウト、ひっかけのゴルフスイングを矯正する方法


プッシュアウトとひっかけの矯正法をご紹介します。

スポンサーリンク

プッシュアウト(プッシュ)とは、球が飛球線より右方向へまっすぐ飛んでいくショットです。引っかけ(引っ掛け、プル)は、球が飛球線より左方向へまっすぐ飛んでいくショットです。

プッシュアウト

この二つは初心者のゴルフスイングだけでなく、ツアープロもけっこう悩まされているようです。タイガー・ウッズも数年前、プッシュアウトを連発していました。

プッシュアウトの原因は

プッシュアウトの原因は、スイング軌道がインサイドアウトになっていることです。

インサイドアウトの軌道でも、インパクトでクラブフェース(フェイス)がクローズになっていれば(閉じていれば)球が左に戻ってきてドローボールになります。しかし、フェースがスクエアだと球が曲がらずプッシュアウトになってしまうのです。

反対に、ひっかけの原因はスイング軌道がアウトサイドインで、インパクトでフェースがスクエアになっていることです。

フェースがオープンなら(開いていれば)ボールが右に戻ってフェードボールになるのですが、ひっかけはそのまままっすぐ左へ飛んでいってしまうのです。

スポンサード リンク

正確不動法で矯正できます

さて、プッシュアウトもひっかけも、正確不動法のゴルフスイングをマスターすれば出ません。というのは、正確不動法は軌道がインサイドインであるのが鉄則だからです。

すなわち、正確不動法はトップの位置(一般のハーフスイングの位置)でスイングを真上からみたときに左腕の角度が飛球線と平行になります。

そのため、必ず軌道がインサイドインになり、ボールは飛球線に沿ってまっすぐ打ち出されます。そのためプッシュアウトも引っかけも出ません。


インサイドインにする理由

ここで、なぜ正確不動法では軌道をインサイドインに限定しているかご説明します。

理由は、第一にボールが飛球線に沿ってまっすぐ飛ぶので、狙いが定めやすいからです。ドローボールやフェードボールでは球の曲がりを計算しなければいけないので、ターゲットを定めにくいのです。

第二に、スイングのトップで左腕を飛球線と平行にすればよいので、わかりやすいからです。飛球線と平行なら基準がはっきりしているので、いつでも同じショットを打つことができます。

ところが例えばスイングをインサイドアウトにすると、腕が飛球線より内側にきます。そうすると、例えば3時の位置で腕が飛球線より左手こぶし一個分内側に入ったところにする、というような基準になり、わかりづらいのです。

第三に、軌道をインサイドインにしてストレートボールを持ち球にすれば、(正確不動法ではあまりないことですが)もしインパクトでフェースが開いたり閉じたりしても、まっすぐ打ち出されたボールが少しどちらかに曲がるだけなので、あまり変な方向には行きません。

プッシュスライスはきつい

ところが、例えばインサイドアウトの軌道でドローを持ち球にしている場合、インパクトでフェースが閉じた場合はきれいなドローになってよいのですが、フェースがスクエアだとプッシュアウトで右側にまっすぐ飛んでしまいます。

逆にフェースがオープンだと、右に飛び出して右に曲がるというプッシュスライスになってしまいます。

プッシュスライスは最悪です。例えば右に林のあるコースでプッシュスライスが出ると、林に入ってしまいがちです。

同じことは逆の場合、つまりアウトサイドインの軌道でフェードを持ち球にしている場合でもいえます。この場合、フェースがクローズになると左に飛び出して左に曲がるチーピンになってしまうのです。

これまで述べたように、正確不動法はインサイドインを基本にしているので、プッシュアウトやひっかけは出なくなります。

やはり前回述べたメリットから、インサイドインのスイング軌道にされることをおすすめします。

プッシュアウトが出る場合の対処法

なお、前回述べたように例えばインサイドアウトの軌道でプッシュアウトが出るときには、右にまっすぐ飛んでも大丈夫なようにスタンスを取ると、プッシュアウトが出ても失敗する可能性を少しは減らせます。

例えば、ティーショットを打つときにプッシュアウトが出てもぎりぎりフェアウェー右端に止まるようなスタンスを取ります。そうすると、プッシュスライスが出ない限りボールをフェアウェイ右端に留めることができ、ラフや林などに入れずに済みます。

ドローとフェードの特徴

最後に、正確不動法のゴルフスイングにはあまり関係ないですが、ドローとフェードの特徴を挙げておきます。

ドローは、球が低く、ランが多く出て(よく転がる)、飛距離が出ます。

フェードは、球が高く、ランが少なく、飛距離はドローより短めです。

そのため、例えば石川遼選手は先日のトーナメントのパー3で、インテンショナルに(わざと)フェードを打っていました。これは、ティーショットをグリーン上でぴたりと止めたいという作戦だったようです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)