ホーム » 正確不動法 実践編 »

手打ちのゴルフスイングの問題点と矯正する方法

手打ちのゴルフスイングの問題点と矯正する方法


多くのアマチュアゴルファーの悩む「手打ち」を矯正、直すにはどうすればよいか、その方法をご紹介します。

手打ちのゴルフスイングはボディターンでなく手の力で飛ばそうとするため、捻転の力が使えなくなり、飛距離が落ちます。

スポンサーリンク

また、手への力の入れ具合によって打つたびにフェースの向きなどが変わってしまうので、方向性・正確性も落ちてしまいます。そのため、ぜひ手打ちは直したいものです。

手打ちの矯正法

そこで直し方です。以下のポイントをチェックしてください。
1 ダウンスイングは左足の踏み込みから始めているか
この点が一番重要です。

2 ダウンスイングからフィニッシュにかけて、クラブを放り出す(放り投げる)ような感覚があるか

この感覚があれば手打ちでないといえます。というのは、手打ちでないボディーターン・スイングなら、ダウンスイングを左足の踏み込みから始めることで、下半身がアドレスのときの状態に戻ろうとします。

すると、それに続いて上半身が勝手にアドレス時の状態に戻ろうとします。このときに、自分が腕を動かすのではなくクラブが勝手に動くわけですから本来のボディターンによる力で動いているわけです。

スポンサード リンク

遠心力で放り投げる感覚

このときに遠心力が働き、クラブを放り投げる感じが生まれるのです。

ところが手打ちのスイングは自分の手でクラブを振ってしまうので、ボディターンによる力を殺してしまいます。そのため、力の働かないスイングになってしまい、クラブを放り投げる感じもないのです。

まとめると、ボディターンスイングではクラブは勝手に下りてくるものですが、手打ちではクラブは下ろすものになっているのです。

ヘッドの重みを感じる

上に、クラブを放り投げるような感覚が大事だと書きました。実は、クラブヘッドの重みを感じてスイングするというのも、同じ事を指しています。

ダウンスイングを左足の踏み込みから開始して、クラブが勝手に下りていけば、クラブが放り出される感じを受けます。これがヘッドの重みを感じるということなのです。

ところが手打ちでは、ダウンスイングで自らクラブを振ってしまうので、ヘッドの重みを感じません。

クラブが自動的に下りてヘッドの重みを感じるようなスイングにすれば、捻転による力を生かして、クラブが勝手に仕事をしてくれるようになります。

もう一つ、手打ちの克服法として、グリップのむだな力を抜くことも大切です。手でクラブを振ろうとするとグリップに力が入りますので、力を抜くことで逆にクラブを自分で振ろうとしなくなります。

手打ちを直すために、スチールシャフトの重いクラブを使うという方法もあります。カーボンシャフトでは軽いので、手先だけで振れてしまいますが、スチールではそうはいきません。

そのため、スチールシャフトのクラブを使うと、自然と体全体で振るようになります。これが手打ちの解消につながります。なお、私のクラブもスチールです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)