ホーム » 正確不動法 実践編 »

正確不動法ではリストターン(手首)は使わない

正確不動法ではリストターン(手首)は使わない


スポンサード リンク

正確不動法のゴルフスイングではリストターンは使いません。

スポンサーリンク

リストターンとは、手の返しともいわれますが、インパクトからフォローにかけて、左手首を意識して甲側に折る(返す)ことです。

リストターン

上の図の左がリストターンを使わないインパクトです。右では、インパクトでリストターンを使った図です。両手首が左手首の甲側方向に折れています。

こうすることで、ヘッドをわざと走らせてボールをしっかり掴もうというのがリストターンの狙いです。

しかし、正確不動法ではリストターンは一切しません。リストターンを使えば、手首の動かし具合やタイミングによって球の飛ぶ方向がまちまちになってしまい、スイングの迷路へ入り込んでしまいます。

例えば、強いフックの原因になってしまうこともあります。

ボディーターンで打つ

正確不動法はボディーターンによって球を飛ばす考えです。

ボディーターンで飛ばすということは、体幹部の捻転とリストコックのみを使うということです。それ以外に手首は極力動かさないことが重要です。

リストターンを使わなければ、バックスイングによる捻転をダウンスイングで元に戻せば、手首はアドレスの状態で(上記の図の左)インパクトを迎えることができます。

そうすれば、インパクトでアドレスを再現でき、正確なショットをすることができます。

ショットの乱れにつながる

ところが、リストターンを使ってしまうと、インパクト時にアドレス時と違う手首の状態になってしまいます。それはショットの乱れや不正確さの原因になってしまいます。

リストターンを使えば、初心者の多くが悩むスライスを簡単に、即座に解消できるように思えます。手首を返すことで、インパクトの際にフェースを人為的に閉じることができるからです。

しかし、リストターンを使う癖(くせ、クセ)が付いてしまうと、その先にはリストの曲げ方一つで一打ごとに球筋が違ってしまうというスイングの迷宮が待っているのです。

そういうわけで、リストターンは正確不動法のゴルフスイングでは一切使わないようにしましょう。

なお、もちろんこれはインパクトまでの話です。インパクトが終わったあとは、自然と手首が返りますがこれは問題ありません。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)