ホーム » 正確不動法 実践編 »

ゴルフスイングのトップで左腕は曲げずに伸ばす

ゴルフスイングのトップで左腕は曲げずに伸ばす


スポンサード リンク

ゴルフスイングのトップの位置で、左腕は曲げずに伸ばした方がよいという説と、左腕は曲げてもよいという説とがあります。

スポンサーリンク

結論から申しますと、正確不動法ではトップで左腕を曲げず(畳まず)に、伸ばした状態にします。

トップでの左腕

上図の左が左腕を伸ばしたトップです。右が左腕を折り曲げたトップです。左肘(左ひじ)が曲がっています。

なお、上記は正確不動法以外のスイングでのトップの位置です。正確不動法ではもっとトップの位置が低いです。

ツーレバーシステムで

ゴルフスイングでは、ワンレバー・スイングとツーレバー・スイングとがあります。なお、ここでいうレバーとはてこ(梃子、テコ)のことです。

ワンレバー・スイング(システム)とは、リスト(手首の)コックを使わないスイングです。例えばアプローチのランニングアプローチではリストコックを使わない=アンコックのスイングです。

ワンレバー・スイングはリストコックを使わない分、飛距離は出ませんが、正確性が高いです。

ツーレバー・スイングとはリストコックを使う通常のスイングのことです。リストコックによるパワーを使えるため、飛距離が出ますが、正確性はワンレバーよりも落ちます。

飛距離より正確性を優先

さて、トップ・オブ・スイングで左腕を曲げてしまうと、ツーレバーでなくスリーレバー・スイングになってしまいます。

ということは、ダウンスイングで曲げた左腕が伸びますので、捻転+リストコック+左腕の伸びる力が使えるということになります。

そのため、飛距離を伸ばすという面では、トップで左腕を曲げた方がよいかもしれません。

しかし、上記の3つの力を使うということは、左腕の曲げ具合によって飛距離や方向性が変わってしまうというデメリットもあります。

そのため、正確性を重んじる正確不動法では、左腕はトップで曲げずに、伸ばした形にします。

なお、正確不動法では3時の位置がトップの原則です。この場合、トップが低いので、左腕は伸ばした形になる以外はありません。

そのため、上記のことは、正確不動法の応用編のスリークォーター・スイングを採用した際の話となります。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)