ホーム » 正確不動法 実践編 »

正確不動法のゴルフスイングなら球が曲がらない理由

正確不動法のゴルフスイングなら球が曲がらない理由


スポンサード リンク

正確不動法のゴルフスイングは、飛距離が少ない代わりに球が曲がらないか、仮に曲がっても少ししか曲がらないショットが打てます。すなわち、正確なショットです。

正確なショットを打てる理由を考えてみます。まず、トップの位置が低いことがあります。スイングというのは、深いスイングになればなるほど、トップの位置が高くなり、捻転(上体のひねり)も深くなります。

スポンサーリンク

すると、このようなトップではフェースが大きく開いています。そこからダウンスイングでインパクトの位置までクラブヘッドを戻すため、フェースがトップで開いた分、また高いところまで上げた分を戻すのが大変なのです。

その点、正確不動法のトップは3時の位置(左腕が地面と平行の高さ)なので、フェースの開き具合も高さも少しなので、インパクトでアドレスの再現をするのが簡単なのです。

その結果、フェースはスクエアでインパクトでき、ボールが曲がらないのです。

インサイドインのスイング軌道だから曲がらない

次の理由としては、スイング軌道がインサイドインであることです。

つまり、バックスイングが3時の位置で、左腕が真上から見て飛球線と平行になったスイングです。そのため、常にインサイドインのスイングをすることができ、球が飛球線方向へまっすぐ飛んでいきます。

これにより、ターゲットを狙いやすくなります。また、アウトサイドイン、つまり上記の3時の位置でグリップの位置が飛球線の奥(体から離れた方)にあるスイングが原因のスライスが出ません。

同じくインサイドアウト(上記の位置でグリップが飛球線よりも手前にある)のスイングが原因のフックも出ません。したがって正確不動法のゴルフスイングなら球が曲がらないのです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)