ホーム » 正確不動法 実践編 »

ウェッジからドライバーまで同じように振る

ウェッジからドライバーまで同じように振る


スポンサード リンク

レッスン書によっては、ドライバーとショートアイアンは違うように振れと書いてあるものがあります。

例えば、ドライバーは右足に多く体重を乗せてスタンスして、アッパーブローで打つ。フェアウェイウッドは払うように打つ。ショートアイアンは左足体重で地面に打ち込む、などなど。

スポンサーリンク

もちろんそういった方法には利点があると思いますが、正確不動法ではそういったことを考える必要はありません。上記の方法は複雑すぎて、シンプルなゴルフを目指す正確不動法には合わないのです。

また、上記の方法を行わなくても、十分にそのクラブの特性を生かしたショットを打つことができます。

正確不動法は、難しいことを考える必要はありません。クラブを上げて、下ろすだけで正確なショットを打てる方法です。

そのため、ドライバーからウェッジまで、正確不動法では同じ振り方をします。

両足に均等に体重をかけて、スイングの最初から最後まで尾骨の位置・角度を動かさないようにクラブを振れば、よいショットが打てるはずです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)