ホーム » 正確不動法 実践編 »

ゴルフスイングの体重配分と体重移動について

ゴルフスイングの体重配分と体重移動について


正確不動法のゴルフスイングでは、体重移動(ウェイト・シフト)を意識する必要はありません。

一般のゴルフスイング理論では、テイクバックとともに徐々に体重が右足に移り、トップでは右足に何割体重を乗せる、と言われることが多いです。

スポンサーリンク

しかし、体重が右足に何割乗っているかというのはかなり主観的、感覚的なもので、あまり当てにはなりません。

また、スイングの最中に体重移動のことばかりを気にしているのも疲れます。

両足に均等に体重をかける

正確不動法では、アドレス時にすべての番手で体重は両足に均等に配分します。つまり、重心を右にも左にもずらしません。

そこからバックスイングを始めますが、このときに体重移動を意識する必要はまったくありません。

意識しなくても、バックスイングが進むにつれて、自然と体重移動は行われます。

そして切り返し、ダウンスイングでも自然と体重移動は行われ、左足に体重を移すというような意識は不要です。

スポンサード リンク

きわめてシンプルに

正確不動法では、ゴルフスイング中には尾骨の位置と角度が動かないようにすることだけに意識を集中します。

そうすることで、リバースピボットのような誤った体重移動も行われませんし、ごちゃごちゃと余計なことをスイング中に考える必要もなくなるのです。

フィジカルな(体の)面でも、メンタル(心の)面でも、シンプルにするのが正確不動法です。体重移動についても、意識しなくても自然に行われるというようにシンプルに捉えます。

スエーの原因に

さて、体重移動をことさらに意識することはスエー(スウェー、スウェイ)の原因になるということを解説してみたいと思います。

体重移動を意識する方法では、右足にトップで何割の体重を乗せるというように意識します。

もちろん、体重移動を意識することにはメリットもあります。それは、しっかりとバックスイングで右足に体重を移したほうが、飛距離を伸ばせるということです。

例えば石川遼も、飛距離を伸ばすために体重移動を意識しています。

しかし、体重移動をことさらに意識することは、右足に体重を乗せなければならないという意識につながり、スエーを招くこともあります。

スエーになると

スエーになってしまうと、少なくとも尾骨が右に動くか、右に傾くので、正確不動法では認められません。

スエーがすべて悪いわけではないのですが、スエーをしてしまうと、インパクトでアドレスの再現をするのが非常に難しくなってしまいます。

なぜなら、スエーで右に移動した分を、ダウンスイングで左に戻してやらなければいけないからです。そのためにはかなりの練習が必要となります。

そのため、当サイトではスエーは矯正した方がよいと考えています。

スエーになると、ダウンスイングで体が右に移動したところから左に移動するので、飛距離は伸ばせるかもしれません。しかし、それもかなりの練習を積んでのことです。

そうでない限り、スエーは正確性も飛距離も損なう可能性があります。そのため、正確不動法では体重移動は意識せず、自然に体重移動が行われるスイングをお勧めしています。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)