ホーム » 正確不動法 実践編 »

正確不動法のゴルフスイングはレベルブローが原則

正確不動法のゴルフスイングはレベルブローが原則


スポンサード リンク

ゴルフスイングであおり打ちに悩んでいらっしゃるゴルファーは多いと思います。あおり打ちとは球を上げようと思うために、上体が右に(飛球線後方に)傾いてしまうことです。

そのためフィニッシュでは体重が右足に残り、明治の大砲というスタイルになってしまいます。

なお、すくい打ちもあおり打ちと同様のものです。

スポンサーリンク

あおり打ちは、いわば無理やりにアッパーブローで打とうとしている状態です。しかし、正確不動法ではアッパーブローを意識するということはありません。

アッパーブローとは

まず、ここでアッパーブローなどのご説明をいたします。

レベルブローとは、スイングアーク(ゴルフスイング中にクラブヘッドが描く弧)の最下点でボールを打つスイングのことです。

ダウンブローとは、スイングアークの最下点の手前でインパクトを迎えるスイングです。

アッパーブロー(アセンディング・ブロー)とは、スイングアークの最下点を過ぎた後に、ボールを打つスイングです。


レベルブロー

上の図はスイングを正面から見たものです。黒い丸がスイングアークの最下点です。黒い丸のところでボールを打てばレベルブローです。

丸よりも左(最下点の手前)で打てばダウンブロー、右側で打てばアッパーブローです。

正確不動法ではレベルブロー

さて、正確不動法ではどのブローで打つのでしょうか。

正確不動法ではウェッジからドライバーまで同じように振るでも書いたように、すべての番手で両足均等体重、上げて下ろすだけのシンプルなスイングで打ちます。

そして、正確不動法ではレベルブロー=スイングアークの最下点でボールを打ちます。

よく言われるのが、アイアンではダウンブロー、ドライバーではアッパーブローで打つというものです。

特にドライバーをアッパーブローで打つのは、球の打ち出し角度を大きくする=レベルブローよりもやや上に向けて打つことで、キャリー(ボールが空中を飛んでいる距離)を伸ばして飛距離を増やすためです。

正確不動法でもドライバーなどでのティーショットのときはアッパーブローで打つこともできますが、それはスイングを変えるのではなく、ソールの位置を少し後ろにすることでアッパーブローにします。

ドライバーでもレベルブローでよい

正確不動法ではドライバーショットでも必ずしもアッパーブローにする必要はありません。レベルブローでも十分です(厳密に言えば少しだけアッパーブローになります)。

ここでは正確不動法ではすべてのクラブでレベルブローが原則だと考えていただければ結構です。

クラブにはロフト角があります。そのため、あえてボールを上げようとしなくても=レベルブローでも、普通にインパクトすれば自然にロフトどおりにボールが上がるのです。

そのため、正確不動法の原則どおりに尾骨の位置、角度を動かさないようにスイングすれば、どのクラブでもレベルブローで正確なショットを打つことができます。

レベルブローですくい打ちを防ぐ

最初の話に戻りますが、すくい打ち、あおり打ちはクラブのロフト角を信じられずに、自分でボールを上げようとすることが原因です。

そのため、体が右側(飛球線後方)に傾いてしまいます。

その点、正確不動法では尾骨(尾てい骨のやや上のあたり)の角度をアドレス時と同じく、垂直に保ちます(左右に傾けません)。

そのため尾骨が右に傾かないので、あおり打ち・すくい打ちにはなりようがないのです。

すなわち、正確不動法を実践すれば、自然とあおり打ち、すくい打ちは矯正できます。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)