ホーム » 正確不動法 実践編 »

簡単に上達してゴルフが面白くなくなる?

簡単に上達してゴルフが面白くなくなる?


スポンサード リンク

正確不動法を実践すると、興味深い現象が起きます。といっても私自身の話ですが。

正確不動法は短期間で正確なショットを打てるようになり、スイング作りに四苦八苦していた状態から簡単に抜け出せます。

スポンサーリンク

ところが、私の場合あまりにあっけなくスイングづくりの苦労から抜け出せたため、拍子抜けしたようになってしまい、「あのこれまでの練習場での苦労はなんだったんだろう?」と思うようになりました。

そうなると、レッスン書やゴルフ雑誌を読んでは新しい方法を採り入れて試してみて、「これはよさそうだ」と開眼したつもりになっていたのに、しばらくすると「やっぱりこれはだめだ」とその方法を捨てる。その繰り返しをしていた過去が懐かしくなったのです。

そうすると、正確不動法は自分で考えておいてなんですが、良い方法だけどスイングづくりが簡単すぎてつまらないな、と思う時期もありました。

スコアアップに直結する練習ができる

しかし、本当のゴルフの楽しみはそこからではないでしょうか。正確不動法をマスターすれば、練習場に頻繁に通う必要はもはやありません。飛距離アップのためにスイングを変えたりクラブを次々に買う必要もありません。

その労力や時間やお金を、本当のスコアアップに回せるようになるのです。

正確不動法のマスター後は練習場でなくショートコースに行って、アプローチやトラブルショットの練習に集中すると良いと思います。

そうすれば、コースに行ってもいつも正確なショットが打てます。そこからコース戦略を考えることも楽しめます。そしてたまにはバンカーに入れたりもするでしょうが、ショートコースでの練習が生きてリカバリーが可能です。

そして、セカンドショットやサードショットはフェアウェーの打ちやすいところからこれまた正確なアプローチ。ここでもショートコースの練習成果が発揮されて、バーディーチャンスをつくることも可能になってくるのです。

これこそが本当のスコアアップへの近道ではないでしょうか。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)