ホーム » 正確不動法 実践編 »

ティーショットでのソールの位置

ティーショットでのソールの位置


注:この記事は内容が古いです。ティーアップについては、ティーアップの仕方でより詳しくご説明していますので、そちらをご覧下さい。

ティーショットでの注意点をご紹介します。まず、ティーアップをした場合にクラブヘッドをソールする位置です。

スポンサーリンク

普通のショットではボールのすぐ後ろにソールするのですが、ティーショットではティーアップした分、やや後ろに(ボールから飛球線後方へ少し離して)ソールすることをおすすめします。

なぜかというと、ティーアップをする目的は、スイングの最下点を過ぎたところからのアッパーブロー(ヘッドが上昇していく過程で球を打つこと)にすることだからです。

ティーアップしないショットでは、ボールのある場所へヘッドが落ちてきて、スイングの最下点でボールを打ちます。他方、ティーショットでは、最下点を過ぎてからアッパーブローでボールを打つことで、ライの状態を気にすることなく、飛距離の出る球を打てるのです。

そして、ソールをした場所がスイングの最下点になるので、ティーショットの場合にはソールする場所をやや後ろにすることで、ヘッドが最下点を過ぎた後にボールを打てるようにするわけです。

具体的には、あくまで一つの目安ですが、ティーの高さ分うしろにソールすると良いでしょう。例えばティーの高さが2センチなら、ボールの2センチ後ろにソールしてアドレスして、スイングします。

これにより、スイングの最下点はボールの2センチ後ろになり、そこからヘッドがフィニッシュに向けて上昇する途中でボールを打てることになります。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)