ホーム » 正確不動法 実践編 »

正確で飛ばせるショットを放つためのティーアップの方法

正確で飛ばせるショットを放つためのティーアップの方法


ティーアップとは、ティーグラウンドからショットを打つ際に、ティーペグ(ボールの高さを上げるための器具。プラスティック製や木製がある)を使って地面よりも高い位置にボールを置くことです。

なぜティーアップをするかといいますと、私が思うに2つの理由があります。

スポンサーリンク

第一に、地面から離れたところにボールを置けるため、ライ(地面の状態)を気にせずにショットが打てること。

第二に、ボールの位置を高くすることで、アッパーブロー(アセンディングブロー)で球を打つことができ、飛距離を伸ばすことができることです。

このティーアップですが、実は私は苦手意識がありました。私はもともと正確不動法を考え付く前からアイアンやフェアウェイウッドが好きで、ドライバーは苦手だったのです。

アッパーブローは天ぷらを招く

そして、ツアープロやツアーコーチの書いたレッスン書を読んでも、たいていの本には「ティーアップは高めにして、アッパーブローで飛ばせ」と書いてあります。

そしてその通りにティーアップの高さを高めにして練習場でドライバーを打ってみたのです。

結果は、テンプラ(ドライバーショットで球が高く上がり、飛距離が出ない)の嵐になってしまったのです。

ちなみにテンプラの原因は、ドライバーのフェースのスイートエリア(スウィートエリア、芯)ではなく、もっと上の場所で球を打っていることです。

スポンサード リンク

正しくティーアップするのは難しい

この体験から私が思うに、ティーアップの方法というのはなかなか難しいものです。

今考えると、私は前述のレッスン書の内容をしっかり理解できていませんでしたし、レッスン書も私のようなアマチュアにもわかるようにもっと詳しく書いてほしかったなあと。思うのです。


無理にアッパーブローで打とうとする弊害

さて、前述の「ティーアップは高めにして、アッパーブローで飛ばす」という点について考えてみます。

この方法は、はっきり言って上級者向けの方法だと思います。初心者やアベレージゴルファー(中級者)にはやや難易度の高いやり方だと思います。

もちろんティーを高くしてアッパーブローで打てば、球をレベルブローで打ったときよりも高く打つことができるので、キャリーが増えて飛距離が伸びます。

しかし、そういったメリットはあるものの、例えば初心者がこのうち方をしようとすると、すくい打ち・あおり打ちのくせ(癖)が付きかねません。

また、ティーアップの仕方を間違っていれば、私のようにテンプラに悩むことにもなります。

私の考案した正確不動法は、どのクラブでもレベルブローを原則としています。ドライバーでもレベルブローです。

このようにしたほうが、第一にあおり打ちになりません。第二にテンプラも出ません。

もちろんアッパーブローで打つよりも飛距離はやや劣りますが、レベルブローでドライバーを打ってもロフトなりの飛距離はきちんと出せるのですから、多くのアマチュアゴルファーにとってそれ以上を望まなくても十分な飛距離を出せます。

ということで、レベルブローを基本としたティーアップのやり方をご紹介していきます。アッパーブローで打ちたいという方のために、スイングを崩さずに、変えずに、アッパーブローで打てるティーアップの方法もご紹介していきます。

スイング最下点をずらす

それではまず、正確不動法の基本どおり、レベルブローでティーショットを打つためのティーアップの仕方をご説明します。

まず、ドライバー以外のクラブの場合です。具体的にはアイアン、フェアウェイウッド、ユーティリティーの場合です。

この場合、ティーの高さはなるべく低めにします。ティーを刺せるところまで刺せばよいでしょう。

このティーの高さはどの番手でも同じで構いません。

次に、2つの方法があります。一つ目は、ボールの位置を変えずに、スイングの最下点をずらす方法です。

二つ目は、スイングの最下点を変えずに、ボールの位置を変える方法です。

ボールの位置を変えず、スイング最下点をずらす方法

ティーにボールを乗せて、クラブヘッドをソール(地面に着けて構える)します。ソールの位置はボールの真後ろですが、通常の(ティーショット以外の)ショットと違う点があります。

それは、クラブフェースのリーディングエッジをボールのすぐ後ろに合わせるのではなく、右側(飛球線後方)に数ミリメートル離してソールすることです。


ティーアップ2

↑手前の四角形が左足です。ボールの位置は左足かかと線上ですが、ボールから少し離してソールしています

なぜそうするかと言いますと、ティーアップされている分、ボールは通常のショットよりも少しだけ高い位置にあります。

そのため、通常のショットと同じようにボールの真後ろにソールすると、通常のショットよりもティーアップした分だけ、インパクトでボールの上の位置を叩くことになってしまいます。

ボールを少しずらす

それを防ぐために、ボールから飛球線後方に数ミリずらしてソールします。そうすると、スイングの最下点もそれだけ後ろにずれます。

そして普通にスイングすれば、ボールの位置は原則どおり(正確不動法では左足かかと線上)ですが、スイングの最下点=ソールの位置は後方にずれます。

そのため、インパクトはさきほどずらした数ミリ分だけ、最下点を過ぎたところで行われます。つまり、ほんの少しだけアッパーブローで打つことになります。

こうすることで、通常のスイングと同じように正しい位置でボールを打てるわけです。

といってもこのアッパーブローはほんのわずかのものなので、実質はレベルブローで打っているといえます。

ボールの位置をずらす

続きまして、同じくドライバー以外のクラブで、スイングの最下点を変えずに、ボールの位置を変える方法です。

この方法は、上記の「スイングアークの最下点を飛球線後方にずらす=ソールの位置をずらす方法」とは逆に、ソールの位置は変えずにボールの位置を変えます。

具体的には、まずティーの高さは前回と同様、なるべく低くします。

次に、正確不動法ではボールの位置は左足かかと線上が基本ですが、それよりも右(飛球線後方)に数ミリずれたところにボールがあると仮定してセットアップします。

つまり、通常はアドレスをする際に、ボールの真ん中のところに自分の両足の真ん中を合わせて立った上で、右足を広げてスタンスを取ればよかったのですが、ティーショットの場合はボールの真ん中よりも数ミリ右側のところに両足の真ん中を合わせます。

そして右足を広げてアドレスをするのです。そしてクラブヘッドは基本どおり、左足かかと線上にソールします。

こうすると、通常のアドレス(左足かかと線上)よりも数ミリ左にボールがあり、ソールしている位置は左足かかと線上になります。

ティーアップ3
↑ボールの右にあるのがクラブヘッドです。左足かかと線上より左にボールがあることになります

このようにすることで、前回と同じくスイングアークの最下点をほんのすこしだけ過ぎたところでインパクトをすることになり、ティーアップの分だけボールの位置が高くなっているにも関わらず、クラブフェースの通常のスイングと同じところでボールを打つことができるのです。


ティーアップはしなくてもよい

このようにドライバー以外のアイアン、フェアウェイウッド、ユーティリティーでのティーアップをご紹介してきましたが、これらのクラブでは必ずしもティーアップしなければいけないわけではありません。

別にティーアップはルールで義務付けられているのではありません。そのため、ティーアップせずに打つほうが前述のソールの位置やボールの位置をずらすことを考えなくて済むので、シンプルでよいとも思います。

私も実はドライバー以外のショットではティーアップしない方が好きなのです。

ただ、ティーアップしないティーショットは、第一にティーグラウンドのライがよいところを選ぶ必要があります。

第二に、ティーアップしないと、ティーグラウンドの芝を傷つけてしまうおそれがあります(特にアイアンの場合)。

そこで、ドライバー以外のクラブでティーショットを打つときは、やや面倒くさいですが、これまでご紹介した方法でティーショットを打つことをおすすめします。

ドライバーでレベルブローに打つ方法

次に、ドライバーでのティーアップの仕方です。まず、一般に言われるドライバーでのティーショットのことをご紹介します。

一般には、ドライバーはティーを高めにして、アッパーブロー(アセンディングブロー)で打てといわれます。

これは、アッパーブロー(スイングの最下点を過ぎてヘッドが上昇する途中で打つ)ことで、ボールの打ち出し角度を大きくして、キャリーを増やそうとするからです。

キャリーを増やして飛距離を伸ばそうというわけです。

そのために、飛ばし屋のゴルファーの中には、すごく高いティーペグを使って打つ人もいます。

もちろん高いティーアップでアッパーブローというのは理にかなっていますが、これを身につけるには多くの練習が必要です。

そこで、当サイトの正確不動法では、ドライバーでもレベルブローのティーショットを基本としています。


ドライバーのレベルブロー向けティーアップ

ドライバーでレベルブローで打つためのティーアップの方法は、これまでご紹介してきた、ドライバー以外のティーアップの方法と同じです。

具体的には、前述の「ボールの位置を変えずに、スイングの最下点をずらす方法」「ボールの位置を変えて、スイングの最下点を変えない方法」のどちらかお好きな方法でドライバーでもティーアップしてみてください。

この際、ティーアップの高さは、ドライバーのヘッドの一番高いところとボールの一番上とをそろえるくらいが良いと思います。あるいはもっと低くても構いません。

一般には、ヘッドの一番上からボールの1/3や半分が上に出るくらいの高さが良いといわれています。


ティーの高さ

↑左がボールの高さとヘッドの上をそろえたティーアップ、右がボールの1/3をヘッドから上に出したティーアップです。

しかし、この高さはアッパーブローで打つ人向けで、レベルブローで打つ場合には高すぎます。テンプラの原因にもなってしまいます。

そこで、正確不動法では低めのティアップをおすすめしています。ティーアップの高さは重要なので、上記の基準を参考に、お好みの高さを見つけてください。


ずらす幅

次に、ドライバー以外のクラブ(番手)でのティーショットでは、ボールの位置かスイングアークの最下点を数ミリずらすのでした。

一方、ドライバーではティーアップが他のクラブより高いだけ、ボールの位置かスイング最下点をずらす幅を1センチ前後にするとよいと思います。

このずらす幅は、ティーの高さが高ければ高いほど大きくなります。なぜなら、ティーが高ければ、高いところでインパクトする必要があるからです。

そこで、ご自分にあったずらす幅を見つけてみてください。

ドライバーショットでも、無理にアッパーブローを心がけなくても、正確不動法のレベルブローでスコアメイクに十分なだけの距離は飛ばせます(厳密には少しだけアッパーブローになります)。

そして、レベルブローならアッパーブローにしようとしてあおり打ちになってしまう心配もありません。

ぜひ、正確不動法のレベルブローでのドライバーをお試しください。

ドライバーでアッパーブロー

最後に、ドライバーでのアッパーブロー(アセンディング・ブロー)の打ち方をご紹介します。

もっとも、これは上級者向けの方法です。レベルブローでも十分飛ばせますので、無理に試みる必要はないです。ドライバーでなるべく飛ばしたいという方には参考になると思います。

なお、体重配分は正確不動法の原則どおり、両足に均等体重にしてください。

1)ティーアップをする際に、高さをクラブヘッドの一番上からボールが1/3個分ほど出る高さにします。

これは、アッパーブローになると、その分アドレス時よりも高いところでインパクトが行われるため、ティーを高めにするのです。

2)ボールの位置を基本である左足かかと(踵)線上よりもボール1個分左にずらします。

そして、クラブヘッドは左足かかと線上にソールします。

3)そのまま体全体を前方(体の正面方向)へ少し(目安としては1から2センチほど)ずらしてアドレスしなおします。つまり、体全体がボールの方に1から2センチほど、近づくようになります。

その結果、クラブヘッドのトウとヒールとの真ん中よりも、ややヒール側にボールが位置するようになります。


ティーアップ5の1

↑下にあるのは左足です。ボールの位置がややヒール側にずれています

なぜこうするのかといいますと、アッパーブローで打つときには、スイングの最下点=ソールした位置よりも左側(飛球線前方)でインパクトします。

そうしますと、スイング最下点を過ぎるとクラブヘッドはだんだん手前(体に近い方、インサイド)に来ます。

ということは、通常のスイングと同じようにアドレスしてアッパーブローで打つと、ボールが左側にずれている(=スイング最下点が左にずれている)分だけ、ヘッドのトウ(トゥ。先の方)でボールを打つことになってしまいます。

そこで、それを防ぐために、体全体を前方にずらすことで、インパクトがトウ側にずれるのと相殺し、ヘッドの芯でボールを捉えることができるわけです。


ティーアップ5の2
↑インパクトの瞬間です。

4)以上のようにティーアップすると、アドレスの完成した時点で、ボールは左足かかと線上よりボール1個分左にあります。ヘッドは左足かかと線上、かつ通常よりも1から2センチほど前方(正面方向)にずれたところにソールされています。

そして、正確不動法の基本どおりにあとはスイングするだけです。ここで重要なのは、あくまでもヘッドをソールしたところでインパクトするつもりで振ることです。

こうすれば、実際にはソールしたところからボール1個分左に行ったところで、かつ手前に1から2センチほどずれたところでインパクトがされて、アッパーブローでボールを打つことができます。


慣れてきたら簡単セットアップ

上記の体全体を1から2センチ前方にずらすという点ですが、慣れてきたらわざわざこうしなくても、アドレス時にあらかじめずらすようにしてもよいです。

具体的には、両足をそろえてボールの前に立ったときに、普通はクラブフェースの中央(トウとヒールの真ん中)にボールを合わせますが、これをボールの位置がフェース(フェイス)の真ん中よりも1、2センチヒール側になるようにします。

その上でスタンスを取れば、セットアップが簡単にできます。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)