ホーム » 正確不動法 実践編 »

打ち急ぎとスイングリズム

打ち急ぎとスイングリズム


スポンサード リンク

スイングリズムについては、よくゴルフ雑誌でも取り上げられています。一般的にはアマチュアゴルファーは打ち急ぎになる傾向があるので、そうならないようにゆっくり振りましょうといわれます。

なぜ打ち急ぎがいけないのかといいますと、「手打ち」につながるからでしょう。手打ちとは、バックスイングでの捻転終了後、トップからの切り返しを下半身から始動させるのでなく、上半身から始めてしまうことです。

スポンサーリンク

その結果、せっかくの捻転が一気にほどけてしまい、貯めていたエネルギーがなくなってしまいます。つまり飛距離が出なくなってしまいます。

また、手打ちは捻転(ボディターン)でなく、上半身、特に腕を振ることでボールを飛ばそうとします。そのため、腕や手への力の入れ具合次第で一打ごとに飛距離も方向性も変わってしまいます。

これではスコアメークに苦しむことになってしまいます。

そのために手打ちを矯正しよう、そのためにはスイングリズムをゆったりとしようというのがスイングリズムが重視される理由です。

あまり気にしなくてよいと思う

しかし、私はスイングリズム自体が速いか遅いかはあまり重要でないとおもっています。

というのは、手打ちを解消するためなら、スイングリズムを変えることよりも、ダウンスイングを左足を踏み込むことから始めることを徹底する方が有効だと思うからです。

ボディターンによってしっかりバックスイングで捻転ができて、さらにダウンスイングの始動を左足の踏み込みからスタートできていれば、その後の体の動きはもはや自分の意思でコントロールすることはできません。

ということは、ダウンスイングのリズムを変えることはできません。私の感覚では、ダウンスイングが始まれば、捻転が一気にほどけて勝手にフィニッシュまで行くという感じです。

あまり気にしなくてよい

そのため、正しいボディーターンができていれば、スイングリズムを自分でコントロールできるのはバックスイングだけということになります。

もっとも、スイングリズムの重要性がいわれるのも、このダウンスイングでのリズムのことでしょう。確かに初心者ゴルファーが正しいスイングをつくっていくには、クラブをいきなり手で振り上げたりせずに、両腕と肩でできる三角形を崩さずにゆっくりと上げていくということが重要になります。

しかし、そうした過程を経て正しいスウィングを身につけることができたら、その後はスイングリズムに特にこだわる必要はないと思います。

なお、プロゴルファーのスイングリズムを見てみると、ゆったりとしたリズムのゴルファーには宮里藍やアーニー・エルスなどがいます。

宮里藍のゆっくりなスイングは、試合中にストレスがかかって緊張しても、それによって打ち急がないようにする、というメンタル面の効果があるのかもしれません。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)