ホーム » 正確不動法 実践編 » スイングの注意点 »

手打ちのゴルフスイングとは、なぜ悪いか

手打ちのゴルフスイングとは、なぜ悪いか

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加







手打ちとは、体の捻転によるのではなく、手の力によって行うゴルフスイングです。

体の捻転によってエネルギーを生んで、それによってボールを飛ばそうとするのがボディ・ターンですが、それとは逆のスイングといえます。

手打ちとボディーターンとの一番の違いは、ボディターンスイングではダウンスイングが左足の踏み込み以降は自動に行われるのに対し、手打ちでは意識的にクラブを振ろうとするところにあります。

スポンサード リンク

もっと具体的にご説明します。まずボディターンスイングでは、バックスイングの捻転によって生じたエネルギーを、ダウンスイングで下半身からほどくことでボールに伝えることができます。

その結果、飛距離を出すことができます。また、ダウンスイングでの腕の振りは自動的に行われるので、毎打同じスイングをすることができます。

つまり、機械とまではいかなくても、それに近い正確なゴルフスイングをすることができます。


2種類の手打ち

一方、手打ちの場合です。まず、2つの場合に分けてみます。第一はバックスイングで下半身をなるべく動かさないことによって、捻転がしっかりできている手打ちです。

第二は、バックスイングで下半身も回ってしまい、捻転でなく「回転」になっている手打ちです。

第一の手打ちは、捻転はしっかりできているのですが、バックスイングの始動を左足の踏み込みからでなく、上半身の腕を振りにいくことから始めてしまっているのが問題です。

そのため、せっかくバックスイングで発生したエネルギーが一気になくなってしまい、飛距離が出せません。

第二の手打ちは、バックスイングで捻転でなく回転になっているので、ボディーターンによるエネルギーが生じません。

そのため、この場合も飛距離が出せません。

このように手打ちはエネルギーをうまくボールに伝えることができないので、飛距離があまり出ません。

それに加えて、腕を振ったり手(グリップ)に力を入れることでボールを飛ばそうという動きになってしまいます。その結果、一打ごとに力の入れ具合などによって球筋や飛距離が変わってしまい、スコアメークに苦しむことになってしまいます。


手打ちは直したほうがよい

ところで、本屋さんのゴルフコーナーをのぞくと、アマチュアは手打ちがよいというようなタイトルの本も見かけます。

これらのレッスン書の内容を見たことはないのですが、私は手打ちはデメリット(欠点)が多いので、やはり矯正したほうがよいと思います。

もちろん手打ちでも、たくさん練習をすれば球筋や飛距離がある程度安定してくるでしょう。しかし、それだけの練習を積まなければならないのなら、早めにボディ・ターンのスイングにしたほうがよいのではないでしょうか。

また、手打ちは手の力で飛ばそうとしますので、手首などに負担がかかることも考えられます。ゴルフは楽しいスポーツですが、故障をしては元も子もありません。

やはり手打ちは直すことをおすすめします。


矯正法

それでは手打ちスイングを矯正する(直す、解消する)方法をご紹介します。

まず、前述の第一の手打ちからです。これは、バックスイングで捻転はできているが、ダウンスイングを上半身から開始してしまっているので手打ちになっている場合です。

この場合は矯正するのは簡単です。トップからダウンスイングに入るとき、腕を振って球を打ちにいこうとするのを我慢して、左足を踏み込むことだけを考えるようにするのです。

左足を踏み込むと、下半身がアドレス時の状態に戻ろうとします。すると、次に上半身の捻転がほどけていきます。そうして最後に、腕やグリップがアドレス時の状態に戻ろうとします。

これらの一連の動きは自動的に行われます。

このように左足の踏み込みからダウンスイングを始動すれば、捻転によるエネルギーを活用しつつ、自然にボディターンによるスイングをすることができます。


回転になっている場合の矯正法

次に、第二の手打ちの場合です。つまり、バックスイングで下半身が回転してしまい、捻転ができていない場合です。

これは一概に悪いとはいえません。捻転をするには右ひざを曲げたままキープして、伸ばさないようにする必要があります。しかし、たとえば膝に故障がある方にこれを求めるのは無理です。

実際、こうした回転によるスイングでも、遠心力は使えますのである程度飛ばすことはできます。

ただ、やはりボディーターンによる飛距離と正確性を両立させたスイングを目指すなら、矯正しておきたいです。

この場合、まずはバックスイングで捻転をしっかり行う必要があります。そのためには、前述のように右ひざをなるべくアドレス時のように曲げたまま、伸ばさないように意識します。

なぜなら、ボディターン・スイングでは捻転によるエネルギーを右ひざを曲げたままにすることで保つからです。
参考:リストコックはトップで完了させる

このように右膝を伸ばさないようにすると、きつくて窮屈な感じがします。しかしそれは、捻転ができている証拠なのです。

これができたら、次はトップからの切り返し(ダウンスイングの始動)を左足を踏み込むところから始めるようにします。

これさえできれば、自動的にクラブが振り下ろされて、インパクト、フィニッシュまで完了します。

そうなれば、手打ちは解消されて、飛距離も正確性も増したボディーターンスイングが完成しているはずです。

聞くところによると、アマチュアゴルファーの大部分は手打ちになっているそうです。その理由はやはり、体を捻り、それを戻すことでボールを打つ、というボディターンの考えがわかりにくいからだと思います。

私も初めてゴルフ練習場に行ったときには、ボディーターンという言葉など知らず、手でボールを引っぱたいていました。

しかし、手打ちのスイングで固まってしまうと、デメリットが多い上に矯正するのが難しいです。やはり手打ちは直されることをおすすめします。
関連記事:手打ちの問題点と矯正する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)