ホーム » 正確不動法 実践編 »

スチールシャフトで手打ちのゴルフスイングを矯正する

スチールシャフトで手打ちのゴルフスイングを矯正する


スポンサード リンク

手打ちのゴルフスイングを矯正する方法のひとつとして、スチール(スティール)シャフトのクラブを使うというものがあります。

なぜかといいますと、スチールシャフトは重いので、手だけで振ることが難しくなります。そのため、自然と体全体を使ったスイングにできるというわけです。

スポンサーリンク

最近はカーボンシャフトが多くなってきました。カーボンは軽くて振りやすいのですが、反面手だけでも振れてしまうのです。

私の持っているクラブもアイアンセットはスチールシャフトです。確かにカーボンよりもずっしりとしていて、まるで違うものという感じがします。

そして、スチールでは手打ちはしにくいです。自然と手打ちが直るので、お勧めの方法です。

ところで、ジュニアゴルファーはゴルフスイングがきれいな人が多いですが、その理由は子供のころは体が小さいので、クラブを手だけで振ることができません。

そのために自然と体全体を使って振るスイングになるのだそうです。

なお、子供をプロスポーツ選手にしたいという場合でも、その子にひとつのスポーツだけ(たとえばゴルフ)をさせるのはよくないそうです。

小さいうちはいろいろなスポーツや遊びをした方が、体のいろいろな部分を使えるので身体能力も高くなるそうです。

タイガー・ウッズは2歳になる前からゴルフを始めたそうですから究極の英才教育ともいえそうですが、やはり子どもはいろんな遊びに親しんだ方が自然な感じもします。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)