ホーム » 正確不動法 実践編 » スイングの注意点 »

「テークバックは低く、長く」の意外な落とし穴

「テークバックは低く、長く」の意外な落とし穴


スポンサード リンク

レッスン書にはよく、「テークバックではクラブを低く、長く上げていく」と書かれています。

確かにこうすれば、スイング軌道がインサイドに入りすぎません。テイクバックではクラブをインサイドに引きすぎないように、とよくレッスン書で注意されていますが、それを防げるわけです。

スポンサーリンク

かくいう私も正確不動法を考案する前は、インサイドに引きすぎてプッシュアウトに泣かされていました

また、テークバックのときに手首だけでクラブを持ち上げていくと軌道が不自然なアップライトになり、ダウンスイングでループを描く8の字スイングになってしまいます。こうなるとスイングプレーンが大きく崩れてしまうのですが、それも防ぐことができます。

そのため、このアドバイスは役に立つ、的確なものです。

しかし、テークバックで低く、長く上げていくと、意外な欠点があります。それは、テークバックで上体が沈み込み、また前に移動してしまいがちなのです。

そのため、まず軌道がアウトサイドインになりやすいです。また、インパクトの位置も前にずれてしまい、方向性や飛距離が狂います。

どうすればよいか

それではどうすればよいでしょうか。

正確不動法ではテークバックで低く、長くというのはあまり気にしなくてよいと思います。そして、最も重要なのは尾骨の位置と角度を動かさないこと。私はこれがスイングの一番の秘訣、コツ(こつ)だと思っています。

もう一つ、テークバックで手首からクラブを持ち上げようとしないことです。肩と腕の三角形を保ったまま、クラブを上げていきましょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)