ホーム » 正確不動法 応用編 »

スリークォータースイングで飛距離を伸ばす

スリークォータースイングで飛距離を伸ばす


正確不動法は飛距離をある程度セーブして、その分正確性を高めてスコアをアップするという方法です。

しかし、正確不動法でももっと飛距離を出したいと思う方もおられるでしょう。そこで、飛距離を伸ばす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ただし、この方法はあくまでも応用的なものであって、この方法を採ることで正確不動法の最大のメリットである正確性が損なわれる可能性もあります。

そこで、もしこの方法によって正確性が失われたら、止めて正確不動法の原則である「トップは3時の位置」に戻すことをおすすめします。

さて、その方法とは、トップオブスイング(スウィング)をこれまでのハーフスイングから少し大きくして、スリークォータースイングにすることです。

スポンサード リンク

時計の2時の位置の高さ

スリークォータースイングのトップの位置は、時計で言うと2時の位置です。これで飛距離が少しアップするはずです。



飛距離

上のイラストでは下半身(ひざの位置など)を動かさないようになっていますが、これは私のイラストが下手くそなだけです。尾骨の位置と角度を動かさなければ、ひざの位置などは自然に動いてまったく問題ありません。

注意点は、3時の位置で左腕が上から見て飛球線と平行になっていることです。そこからトップが少し上になるので、2時の位置では左腕の角度がやや飛球線よりインサイドに入ってきますが、これは当然のことです。

3時の位置で左腕の角度が飛球線と平行なら、問題なくインサイドインのスイングになるはずです。

ただ、やはりスイングが大きくなる分、ボールが曲がりやすくなるのは否めません。

正確性をとるか飛距離をとるか、難しいところですが、もしこのスリークォータースイングでボールが曲がらなければ、もっとスコアが上がるでしょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメント

  • 私もやっているけれど,このやり方ヤダ(-。-;)

    2012年6月13日 4:24 PM | あいき

  • このやり方というのを具体的におっしゃっていただけると助かります。URLはリンク切れでしたので削除いたしました。

    2012年6月15日 8:44 AM | いぬはちろう(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)