ホーム » 正確不動法 理論編 »

正確不動法のゴルフスイングもボディターンによるエネルギーを使う

正確不動法のゴルフスイングもボディターンによるエネルギーを使う


スポンサード リンク

正確不動法も一般的なゴルフスイング(スウィング)と同じく、ボディーターン(ボディターン)理論によって飛距離を出そうという考えです。

具体的には、バックスイングで下半身をなるべく動かさないことで、上半身との間に捻転によるエネルギーを生み、それによってボールを飛ばすという考えです。

スポンサーリンク

3つのエネルギー

ところで、私はスイングでは捻転以外に3つのエネルギーが働くと思っています。一つはリストコックによる力です。トップでコックした分を、ダウンスイングでアンコック(コックをほどく)することにより、ボールを飛ばすことができます。

次は遠心力です。クラブが長いほど働きます。

もう一つは、位置エネルギーです。トップの位置は地面より高い位置にあるので、そこからクラブヘッドが下に落ちてくるときにエネルギーが生まれます。

この位置エネルギーは、正確不動法では少なくなります。それは、トップの位置がフルスイングよりも低いからです。

また、捻転も浅いので、やはり正確不動法では飛距離はあまり出ないといわざるを得ません。

ただ、飛距離はほどほどに、スコアメイク(メーク)に十分なだけは出せますし、正確性が増します。そのため、全体としては正確不動法のゴルフスイングはメリットの多い方法だと思います。

右膝を伸ばしても大丈夫

ところで、正確不動法ではひざに故障などのある場合には右ひざを伸ばしてもよいと書きました。

この場合、膝を伸ばすことで捻転のエネルギーはだいぶ失われてしまいますが、遠心力などは変わらないので、飛距離は思ったほどは落ちません。

そのため、ひざに故障のある方でも正確不動法を採用していただければ、ゴルフを楽しめる場合も多いはずです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)