ホーム » 正確不動法 理論編 »

正確不動法はシングルにもなれる理論です

正確不動法はシングルにもなれる理論です


正確不動法でどこまでスコアアップできるかを考えてみます。これまで申し上げたように正確不動法は飛距離が出ませんが、それでもかなりのスコアアップが可能だと思います。

具体的には、シングルになるのはもちろん可能です。例えば、310ヤードのパー4のコースの場合、ティーショットは200ヤード、ティーが高い位置にあればもう数十ヤード飛ばせます(平均的な飛距離の場合)。そうしますと残りは110ヤード、7番アイアンで打てます。

スポンサーリンク

この2打目こそ正確不動法の真骨頂、正確なアイアンショットでグリーンに乗せます。あとは1パットでバーディ、2パットでもパーです。

続いて長めのパー4で考えます。380ヤードだとしましょう。一打目は200ヤード。残りは180ヤードなのでだいぶ残っていますが、スリーウッドを使います。180ヤードはちょうどスリーウッドの飛距離くらいなので、グリーンに乗せることができます。

あるいは、無理をせずに5番アイアンなどで刻むことも有効です。この場合、130ヤード飛ばして残り50ヤード。3打目はウェッジでピンそばに付け、短めのパットを入れてパー。2パットでもボギーです。

ボギーなのは残念ですが、正確なショットを身につけているあなたはパー3やパー5でバーディを取れているはず。それならここでボギーにしてもパープレーが悠々可能なはずです!

パー3とパー5

パー3の場合はどうでしょうか。150ヤードの場合、5番アイアンではちょっと無理なので、5番ウッドあたりでティーショット。正確なショットでグリーンに乗せます。うまく1パットで沈めればバーディ、2パットでもパーです。

パー5はどうでしょう。短めのパー5なら、460ヤード。実はパー5こそ正確不動法のもっとも得意とするコースなのです。

ティーショットで200ヤード(打ち下ろしの場合はプラス数十ヤード)。残り260ヤードですので、可能なら3番ウッド(スプーン)で第二打。180ヤード飛んで残りは80ヤード。9番アイアンではあまるくらいなのでピッチングウェッジなどでアプローチ。悠々3オンです!

おそらく一緒に回っているメンバーは力みすぎてトラブルショットに苦労しているでしょう。

バーディーも狙える

さあ、あとは1パットでバーディ、2パットでパーが取れます。正確なショットでフェアウェイをわたっていく正確不動法は、パー5が最もバーディを狙いやすいのです。

長めのパー5はどうでしょうか。520ヤードの場合、ティーショットで200ヤード。残り320ヤードなので2打目はスプーンで180ヤード。残り140ヤードなので飛ぶ人は5番アイアンで、そうでない場合は5番ウッドあたりでグリーンを狙います。

このように、長めのパー5でも3オンでき、バーディを狙うことができます。飛距離がさほど出なくてもアンダーパーすら可能なのです。

スポンサード リンク

トップアマにもなれるはず

これまで、正確不動法でシングルになるのはそう難しいことではない、それどころかアンダーパーでラウンドするのも可能であることを書いてきました。

それでは、正確不動法でトップアマ(アマチュアの中でも上級のプレーヤー)になるのは可能でしょうか。私は十分に可能だと思います。

トップアマの出場する大会はおそらくティーがバックティーになるでしょう。すると各ホールの長さが20ヤードほど伸びるわけです。このことを考えると飛距離の出ない正確不動法では厳しいようにも思えます。

ただ、このサイトでご紹介した正確不動法での飛距離は平均的なものです。シングルやアンダーパーを出せるほどの実力を備えたゴルファーであれば、正確不動法でも平均より飛ばせるはずです。

もう一つ、それでも正確不動法では飛距離が足りない場合には、スイングに修正を加える方法があるのです。これを使えば20ヤードほどの飛距離は十分に伸ばせます。

ただしこの方法は正確不動法の基本からは外れた方法で、正確不動法を十分に身につけた方にしかおすすめできない方法なので、後述します。

結論としては、正確不動法でトップアマにもなれるはず、といえます。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)