ホーム » 正確不動法 理論編 »

飛ばそうという意識がゴルフスイングを難しくする

飛ばそうという意識がゴルフスイングを難しくする


正確不動法はほどほど飛距離が出ますが、やはりフルスイングからのショットには飛距離ではやや劣ります。

多くのゴルファーはなるべく遠くまで飛ばしたいと願います。しかし、その「遠くまで飛ばそう」という意識がゴルフを難しいスポーツにしていると思います。

スポンサーリンク

私も経験がありますが、飛ばそうと思うと、無意識に筋肉が緊張します。そうなると、スイングがぎこちなくなり、グリップにも無駄な力が入ってしまいます。

そして、結果はかえって飛ばなかったり、球を大きく曲げてしまったりします。

リラックスが大事

逆に、飛ばそうとしなければ、体がリラックスします。そしてグリップも適度にゆるゆるになるので、クラブヘッドが走り、飛距離も正確性も向上します。

ゴルフはメンタル面(精神的な要素)の大きなスポーツといわれますが、その理由の一つがこれです。飛ばそうとしないほうがかえって飛ぶというのがゴルフの面白いところです。

トッププロでも、試合の緊張した場面ではスイングが狂うそうです。

さて、上述の話は、一時的に飛ばそうとしたときのものですが、それだけでなく、飛ばそうという意識はゴルフスイングそのものを狂わせ、ゴルフを難しくする危険性があります。

例えば初心者やアベレージゴルファー(中級者)といったアマチュアゴルファーが独学で飛距離を伸ばそうとしているとします。

スポンサード リンク

ゴルフスイングを大きくする問題点

そのためには、スイングを大きく、深いものに変えなければいけません。しかし、スイングを大きくすると、次のような問題が起きる可能性があります。

第一に、リバースピボットです。リバースピボット(逆ピボット)は、頭を動かさず、ボールを見続けようとしすぎることが原因です。

そして、スイングを大きくすればするほど、特に首の柔軟性が十分でないゴルファー(私もその一人です)にとって、ボールを見続けることはきつくなります。

そうすると、無意識に体重を左(飛球線前方)方向へ掛けることで、ボールを見ようとします。その結果、リバースピボットになってしまうのです。

オーバースイングの原因

第二に、オーバースイングです。私の知っているオーバースイングのプロゴルファーは、アメリカの飛ばし屋ジョン・デイリー(デーリー)や横峯さくらがいます。

このように、オーバースイングすなわち悪というわけではありませんが、やはりアマチュアゴルファーにとっては正確性が失われる原因になるので、矯正して(直して)おくべきでしょう。

なぜゴルフスイングを大きくすると、オーバースイングの原因になるかといいますと、トップオブスイングでシャフトが地面と平行になるほどの大きなトップになると、クラブの重みでクラブがヘッドの方に下がりがちになります。

そうすると、グリップの両手の一体感が失われる=両手が離れることになり、ヘッドが下がってしまうのです。

ただ、ヘッドが下がっても、グリップがしっかりしていれば問題はないか、少ないと思います。

このように、大きなスイングにならないとオーバースイングにはなりませんので、例えば正確不動法ではオーバースイングは起こりえません。

トップでの手首の折れ

第三に、トップでの手首の折れです。これはスライスの原因になるので矯正する必要があります。

スイングが大きくなると、トップでクラブの重さが下に向いてかかります。そのため、手首が折れてしまう原因となるのです。

伸び上がり

第四に、バックスイングでの伸び上がりです。スイングを大きく、深くしようとするあまり、右膝(ひざ)が伸びてしまったり、上体(上半身)が起き上がってしまったりします。

伸び上がりが起きてしまうと、ショットの正確性は確実に失われます。なぜなら、スイングがオンプレーンでなくなってしまうからです。

第五に、ダウンスイングでの伸び上がり、ヘッドアップ(ルックアップ)です。スイングが大きくなれば、捻転によるエネルギー(トルク)が大きくなり、飛距離が増します。

しかしそのことは、エネルギーが多くなる分、切り返し以降のダウンスイングで上体(上半身)の前傾角度を保つのが難しくなることにつながります。

そして、前傾角度を保てなくなれば、ダウンスイングで体が起き上がったり、あるいは左(飛球線前方)方向へ頭が動いてしまうことになります。

これも正確性や飛距離が失われる原因となります。

特にこのダウンスイングでの伸び上がり、ヘッドアップを防ぐには、アドレス時の前傾角度を保つだけの筋力が必要となります。

筋力トレーニングでそれだけの筋力があるゴルファーは大丈夫ですが、多くのアマチュアゴルファーにとって筋力トレーニングを積むのは難しいことが多いはずです。

フェース・ローテーション

第六に、これは以前にも書きましたが、スイングが大きくなればなるほど、バックスイング(テークバック)でのフェースの開きが大きくなります。

これは、フェースローテーションによるものです。フェースローテーションとは、スイングをすることによってフェースの角度や向きが変わることです。

スイングがハーフスイングの位置、つまり正確不動法でのトップの位置では、フェースは体の正面を指します。アドレスでのフェースの向きからは90度開いています。

そこからもっとスイングを大きくしていくと、さらにフェースが開いていきます。

ということは、トップで大きく開いたフェースをダウンスイングで戻して、インパクトでスクエアな向きにしないと、フェードかスライスが出ます。

フェードなら曲がりが少ないのでよいですが、スライスが出てしまうと困ります。

このように、スイングを大きくするということは、インパクトでフェースが開きやすくなってしまうということでもあります。

ということは、逆に正確不動法を採用すれば、トップが3時の位置になるので、フェースの開きが少なくて済みます。その結果、すぐにスライスを矯正できるのです。


スライス退治の難しさ

このように正確不動法ではストレートボールを打つのは簡単ですが、もっと大きなスイングを目指すオーソドックスなスイング理論では、スライスを退治するのはなかなか困難です。

特に、スライスに悩まされてスライスを直そうとするあまり、リストターン(手の返し)を使ったり、グリップをフックグリップに変えたりすると、スイングの迷路に入り込んでしまいがちです。

というのは、いろいろなところを変更すると、次に違う問題が起きたときに、スイングのどこが悪いのかがわからなくなってしまうからです。

例えば、正確不動法ならボディターンのみを使い、リストターンを使いません。

そのため、仮にスライスが出ても、尾骨の位置・角度がスイング中に動いていないか、あるいはグリップに余計な力が入ってヘッドが走っていないのではないか、という点のみをチェックすれば、問題点が浮かび上がって解決できます。

一方、リストターンを使えば、その仕方一つで強いフックが出たり、あるいはターンするタイミングが遅れてストレートになったり、フェードになったりするでしょう。

その上にグリップもフックグリップにしたり、あるいはウィークグリップにしたりしていたら、もうどこを変えればよいかわからなくなってしまいます。

そのため、当サイトではグリップはスクエアに、スタンスもスクエアに固定し、リストターンは使わない極力シンプルなスイングをご紹介しているのです。

あおり打ち

第七に、あおり打ち・すくい打ちです。飛ばそうとすれば、ティーショットではアッパーブローで打つのが有利です。

ただし、アッパーブローで打つのはティーの高さなどを工夫しなければなりません。体重も、方法によっては右足体重にする必要があります。

そして、これらの工夫をするには相当の練習が必要ですし、クラブごとにスイングを変える複雑なやり方になってしまいます。

また、ティーショット以外でも飛ばそうという意識の余り、球をすくい上げる動作になってしまいがちです。

これではスイングの軸がぶれてしまいますし、ロフトどおりの飛距離も出ません。正確性ももちろん失われます。

スエー

第八に、スエー(スウェー、スウェイ)です。スエーは、バックスイングで腰や頭が右側(飛球線後方)に流れてしまうことです。

スエーが必ずしも悪いというわけではありません。例えば石川遼も頭が少し右に動きますし、高松志門プロもかなり頭が右に動きます。

デビッド・レッドベターも、スエーが必ずしも悪いのではないと書いています(「アスレチック・スウィングの完成」 ゴルフ・ダイジェスト社 76ページ)。

ただ、練習をあまりできない多くのアマチュアゴルファーにとって、大きくスエーしながら正確なショットを放つのは難しいと思います。

そして、スイングを大きくしようとすればするほど、右側へ体が移動しがちです。なぜなら、そうした方が大きなスイングをしやすいからです。

ということは、スイングを大きくすることはスエーにつながり、正確性や飛距離が損なわれることもあるといえます。

以上、飛ばそうという意識がいろいろなスイングの問題の原因となり、その結果ゴルフが難しくなってしまうということを書いてきました。

飛距離を伸ばすメリットはわかるが

私は別に飛ばそうとするのがいけないというのではありません。私も、正確性を保ったまま飛距離が伸ばせるのなら、そうしたいと思います。

また、飛距離(ドライビング・ディスタンス)が伸びれば、スコアが上がるのは間違いありません。

飛距離が出れば、場合によってはハザードを飛び越えることができます。飛距離が出れば、セカンドショットやアプローチなどを短いクラブで打つことができ、カップに寄せやすくなります。

ただ、飛距離を出せるスイングを完成させてゴルフに上達するには、これまで述べたようなスイングの問題点と一つ一つ取り組み、改善しなければなりません。

それにはかなりの練習と時間が必要です。あまりゴルフの練習に時間の取れない多くのアマチュアゴルファーにとって、飛距離を求めるのは難しいと思うのです。

また、これも以前に述べましたが、大きく深いスイングは、体への負担が大きくなります。つまり、怪我や故障をしやすくなります。

そのため、筋力トレーニングや柔軟性を高めるストレッチが欠かせません。

正確不動法はメリットが多い

これらのことを考えると、当サイトの正確不動法にはけっこうメリットがあると思います。

正確不動法でもほどほどの飛距離は出せますし、ショットは精度、正確性の高いものを打つことができます。それはスコアアップに直結します。

また、スイングがコンパクトなので、体への負担も少ないはずです。

そして、これまで述べたスイングを大きくすることにより生じる問題が正確不動法では生じなかったり、生じたとしてもすぐに簡単に解決できます。

一般にゴルフはとても難しいスポーツだと思われています。スイングを習得するにはリストコックとかインサイドインなどの用語を覚えなければいけませんし、独学だと間違ったスイングを身につけてしまいがちです。

また、100を切るのも大変ですし、シングルになるのはもっと大変だと思われています。

しかし、私は正確不動法を実践すれば、ゴルフは決して難しくないスポーツだと思います。むしろ、フィジカルな(身体能力の)面をクラブや技術で補えるので、簡単に短期間で上達できるスポーツだと思います。

ゴルフを難しいと感じていらっしゃるアマチュアゴルファーのみなさんに、ぜひ正確不動法も試していただけたらと思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)