ホーム » 正確不動法 理論編 »

正確不動法のゴルフスイングで飛距離はどれくらいか

正確不動法のゴルフスイングで飛距離はどれくらいか


正確不動法は正確さを重視する分、飛距離はあまり出ないと申し上げました。

それでは正確不動法でどれくらいの飛距離が出せるでしょうか(ティーグラウンドの高さなどを計算に入れない、練習場での飛距離です)。

スポンサーリンク

なお、飛距離は私や正確不動法を試した私の友人のデータの平均値です。

おそらく7番アイアンで120ヤード前後、もっと詳しく言えば100-140ヤードくらいが平均的だと思います。

そうしますと5番アイアンで平均的だと140ヤード、ドライバーで210ヤード前後くらいは飛びます。

スコアはアップできる

どうでしょうか? あまり飛ばないでしょうか。しかし、ドライバーで210ヤードといっても、どこに飛んでいくかわからないバクチ的なドライバーショットではありません。

フェアウェイのあそこに落とそうと思えばその辺りに落とせる正確性を持ったドライバーショットです。

一緒に回っている人が飛ばそうと力んだ挙句、林の中でボールを探しているのをあなたはフェアウェイで待つことになるのです。自分の第二打はどこに落とそうかと考えながら。

なお、私もクラブをもっと飛ぶものに変えれば、あと20ヤードほどは飛距離を伸ばせると思います。しかし、もしそれによって正確性が失われてしまえば元も子もないので、今はクラブを替えることは考えていません。

スポンサード リンク

女性ゴルファーの場合

上記の飛距離は男性の場合です。女性の場合、アイアンで20ヤードほど飛距離が短くなるでしょう。そのため、7番アイアンで90ヤード前後が平均的なところになるでしょう。

ストロングロフト

最近はストロングロフト(ロフトを立てた)クラブが多いです。こうしたクラブを使えば、上記の飛距離はもっと伸びるはずです。

というのは、ロフトが立っている=ロフト角が小さい=球が飛ぶからです。ただし、ロフトを立てれば理論上はその分曲がりやすくなります。

そのため、ストロングロフトのクラブを使うなら、ボールが曲がらないことが前提となります。そのため、試打してみて球が曲がらないようでしたら、そのクラブはおすすめです。

逆に、飛距離が出ても球が曲がるのでしたら、そのクラブは少なくとも正確不動法には適していません。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)