ホーム » 正確不動法 理論編 »

正確不動法のメリットとデメリット

正確不動法のメリットとデメリット


スポンサード リンク

これまでのまとめとして、正確不動法のメリット(長所)とデメリット(短所)について書いてみます。

まず、メリットとしては、
・短期間でマスターできる
・スコアアップにつながる
・体に負担が少なく、怪我や故障をしにくい
・お金があまりかからない
という点があります。

スポンサーリンク

デメリット

一方、デメリットには
・飛距離が出ない
という点があります。

こうしてみると、メリットの方が多いといえると思います。

なお、お金がかからないという点を補足します。すでに述べたように、正確不動法は独学で簡単にマスターできますので、レッスンがいりません。そのためその分のお金が不要です。

加えて、飛距離を出そうとする必要がないので、いわゆる飛ぶクラブやボールを買い求める必要もないのです。もちろん自分にあったクラブを探すことは重要ですが、特に支障がなければ現在お使いのクラブでも十分だと思います。

また、飛距離が出ないという短所についてですが、それでもドライバーで200ヤード前後は飛ばせます。そして、飛ばせても林に入れてしまったり、OBになってしまうドライバーショットとは違い、フェアウェイを高い確率でキープできるショットです。

こうした正確なショットこそ、スコアメークにつながると思います。

以上のように、正確不動法はメリットの多いスイング方法なので、興味のある方はぜひご自身のゴルフに取り入れてみてください。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)