ホーム » 正確不動法 理論編 »

私の飛距離をご紹介します

私の飛距離をご紹介します


私の正確不動法での飛距離(ドライビング・ディスタンス)を参考までに書いておきます。

なお、練習場での飛距離ですので、コースではティーグラウンドが高いところにある分、打ち上げのホールでない限り数十ヤードがプラスされます。

スポンサーリンク

ドライバーの飛距離の目安は

また、飛距離は正確不動法の原則どおり、トップが3時の位置(通常のハーフスイングの位置)です。

まず、7番アイアンで120ヤード前後です。9番アイアンで100ヤードちょっとです。

一般にはドライバーの飛距離の目安は、9番アイアンの2倍と言われています。

その理論どおり、私のドライバー(ロフト角10.5度)の飛距離は210から220ヤードくらいです。

厳密には9番アイアンの2倍よりも少し飛んでいます。これは、おそらく私の使っているクラブが原因です。

スポンサード リンク

私の使っているアイアンは父親からもらった古いマッスルバックのスチールシャフトのものです。ロフトは最近のクラブよりも寝ている=飛距離が出にくいです。

もちろんカーボンシャフトのアイアンも使ったことがありますが、正確性(方向性と距離感)を重視していますので、上記のアイアンを使っています。

一方、ドライバーはミズノのカーボンシャフトのものを使っています。この差が前述の飛距離の差になっていると思います。

スリー・クォータースイングの場合

ちなみに、正確不動法の応用編内の飛距離を伸ばす方法では、スリークォータースイングで打ちます。私がこのスリークォーターで打った場合の飛距離もご紹介しておきます。

この場合、ドライバーでは240ヤード前後です。これくらい飛べば飛距離としては十分といえると思いますが、やはりスリークォーターで打った場合は、正確不動法の原則どおりハーフスイングで打ったときよりも方向性が少し落ちます。

そのため、正確不動法ではやはり方向性を重視して、原則どおりハーフスイングで打ったほうがスコアメイクのためにはよいと思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)