ホーム » コース戦略 »

フィニッシュとは、フェアウェイ

フィニッシュとは、フェアウェイ


フィニッシュ

とは、スイングの終点。左足にほとんどウエイトが乗り、状態が目標方向を向くのが正しいフィニッシュの形(参考文献1)。

ゴルフスイングのフィニッシュは、そんなに意識する必要はありません。正しいスイングができていれば、自然と正しいフィニッシュになるはずです。

スポンサーリンク

よく言われるのが、「正しいフィニッシュでは右足つま先で地面をとんとんと叩くことができる」というものです。

どういうことかと言いますと、正しいフィニッシュなら左足に多くの体重が乗っていますので、左足一本で立って右足を動かすことができるということなのです。

これが右足に多くの体重が残ってしまっていれば、とんとんとつま先で地面を叩くことはできません。倒れてしまいます。

右足に多くの体重が残っている原因は、多くの場合はあおり打ち(すくい打ち)です。正しいスイングでは、普通にクラブを振ればロフトによってボールが自然と上がります。

一方、あおり打ちではロフトに仕事をさせるのではなく、自分の力で無理やりボールを上げるようなスイングになります。

すると、体の右側が下がって左側が上がった形になります。その結果、右足に体重が残ってしまうのです。

つまり、きれいなフィニッシュが取れない場合は、あおり打ちになっている可能性が高いといえます。

スポンサード リンク

なお、コンパクトなゴルフスイングでは、フルスイングよりも右足に多めに体重が残りますが、これは問題ありません。

プロゴルファーでフィニッシュの形が印象的な選手といえば、私は藤田寛之プロを挙げます。藤田はフィニッシュでのクラブの位置が普通よりも高めのところに収まります。

フェアウェイ

スルー・ザ・グリーンの中で、芝が短く刈りこまれた地域。ここにボールを打っていくのがゴルフゲームの基本となる。

日本語に訳せば「正規の道」とでもいうのでしょうか。まさに言い得て妙のネーミングだと思います。

やはり、コース戦略の基本は、ボールをフェアウェーに置くことです。ここならライがよいので、セカンドショットやサードショットを楽に打てるからです。

フェアウェイからなら思った通りの距離を出しやすいですし、バックスピン量も適正になります。

一方、ラフに入れてしまうと、ラフが深ければ出すだけになってしまうこともあります。深くなくても、フライヤーという現象が起こることがあり、ボールが飛びすぎてしまいます。

もっと大変なのがバンカー、池、林などに打ち込んでしまった場合です。大きなスコアダウンを覚悟しないといけません。

こうしてみると、次打の距離感などがつかみやすく、ライ自体もよいのですから、やはりフェアウェイは正規の道です。

特にアマチュアゴルファーがスコアアップを目指すなら、フェアウェイキープ率を高くする=なるべくフェアウェイにボールを置くことが不可欠です。

プロの試合を見ても、フェアウェイキープ率の高い選手がよいスコアを出す傾向にあります。そうした選手がかならず勝つとは限りませんが、フェアウェイキープ率が極端に悪い選手が上位に来ることはまずありません。

タイガー・ウッズや石川遼でもそうです。

アマチュアゴルファーは飛距離を求めがちで、その気持ちはよくわかります。ただ、スコアアップのためには、飛距離を伸ばそうとする前に、フェアウェイキープを心がけるほうが近道だと私は思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)