ホーム » コース戦略 »

まずはゴルフコースの面を狙って攻める

まずはゴルフコースの面を狙って攻める


プロゴルファーは、コースの面ではなく「点」を狙って攻めるといわれています。

もちろんいつも点を狙うわけではないでしょうが、1打でもスコアを良くしないと勝てないプロの世界ですから、フェアウェーでもグリーンでも「あの一点」という場所を定めて狙っていくはずです。

スポンサーリンク

そしてそのためには、点を狙って打つためのスイングの精度が求められます。プロならではの技術だといえます。

さて、アマチュアゴルファーはどういったコース戦略をとるべきでしょうか。

私は、まずは面を狙っていくのがよいと思います。例えばティーショットでも、フェアウェイのだいたいあの辺、具体的にはフェアウェイの左端とか、真ん中というように決めて打てばよいと思います。

そして、正確不動法をマスターされている方は、狙い通りの場所に高確率でボールを置けるはずです。そうすれば、バンカーなどのハザードにも引っかからず、常によいライから次のショットを打てるはずです。

ハザードを避ける

これが、正確不動法でない場合、上級者なら別でしょうが、ショットが安定しないので狙い通りの場所に落とせません。これではハザードやOBでスコアを落としたり、難しいライからのショットを強いられます。

このように、正確不動法なら面を狙っていくだけでも、ハザードなどを避けてスコアアップすることができます。戦略的なゴルフを楽しむことができます。

このように正確不動法で面を狙っていくだけで、かなりゴルフに上達できると思いますが、正確不動法は正確性にとても優れているゴルフスイング法です。

スポンサード リンク

自信がついたら点を狙う

そのため、自信がついたら次は点を狙っていく戦略にするのも良いと思います。

もちろん、面よりも点を狙っていく方が、より有利な位置にボールを置けるので、さらなるスコアアップにつながります。

具体的には、あの辺り、という面でなく、フェアウェイ左端から右に5メートルほど離れた点というように点を定めます。

グリーンを狙うにも、グリーン真ん中に落とすことが基本と述べましたが、自信があれば、さらにピンの近く(ベタピン)を狙っていくのも面白いです。

ただし、ゴルフはライや風などで思い通りのところに必ずしも落とせるわけではありません。そのため、あまり狙いすぎても逆にがっかりすることも多くなるでしょう。

ですので、特に点を狙っていかなくても、面を狙っていくだけでもスコアメイクには十分だと思います。

また、狙いすぎてリスクの高いショットばかり打つのも逆にスコアを落としかねません。この辺りはいろいろな戦略を試して、ご自分にあった戦略を探してみてください。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)