ホーム » コース戦略 »

グリーンの真ん中を狙うというコースマネジメント

グリーンの真ん中を狙うというコースマネジメント


アイアンショットやアプローチなどでグリーンを狙うときに、グリーンのどこに落とせばよいでしょうか。

もちろん、理想としては「なるべくピンに近いところ」、つまりベタピンが望ましいです。そして、あわよくばチップインバーディーなどになれば最高です。

スポンサーリンク

しかし、ベタピンを狙っていくのは難易度が高すぎます。

その理由は、第一にカップを切ってある位置がグリーンの端の方だと、少しショットがずれただけでグリーン近くの池やバンカーに捕まったり、カップがグリーン奥ならその奥の茂みにボールを入れてしまう危険性が高いからです。

例えば手前に池があり、グリーン周りの傾斜がきつい場合だと、グリーンに落としても傾斜でボールがこぼれ落ち、池に入ってしまうこともあります。

スポンサード リンク

ベタピンは難しい

第二に、ベタピンを狙うには、精度の高いショットが必要なことです。プロはおそらく1ヤード刻みの精度でアプローチを打つでしょうが、これをアマチュアゴルファーが真似するのは容易ではありません。

また、「下りのパットは難しいので、ピンの手前に落とす」とか、「二段グリーンは起伏が難しいので、ピンのある段に落とす」という考えもあります。

しかし、もちろんそうした方が有利なのですが、これもそこに落とせるだけの精度がない限り、実践することはできません。

そういうわけで、安全第一の正確不動法ではグリーンの狙いどころも安全第一です。すなわち、「グリーンの真ん中(まん中、センター)」を狙います。カップの位置は気にしません。

カップの位置がどこであれ、グリーンのまん中(センター)を常に狙うようにします。

なぜ真ん中を狙うのか

なぜ真ん中かといいますと、そこが一番リスク(危険)が少ないからです。

前述したように、グリーンの周りにはバンカーや池などのハザードがあります。ということは、グリーンの端の方を狙って打つと、ハザードに近いところを狙うことになります。

そうすれば、少しでもショットが曲がったり、距離感が狂ったり、打ち出し方向が左右にずれれば、ハザードに捕まってしまう可能性も高くなってしまうのです。

逆に、グリーンの真ん中を狙えば、左右、手前、奥とどの方向にずれても、グリーンに乗せられる可能性が高くなります。

もちろん、グリーンの真ん中を狙うということは、ベストな位置にボールを置けるわけではありません。

例えばカップがグリーン左端にある場合に真ん中にボールを落とすよりも、左を狙った方がピンに近いところに落とせます。

また、2段グリーンのカップのない段にボールを落とすことになるかもしれません。

グリーンに乗せれば十分

しかし、ゴルフで一番易しく、安定して打てるクラブはパターです。グリーンに乗せさえすれば、初心者やアベレージゴルファーでもフィーリングが合えば1パットでバーディーを狙うことができます。

そうはいかなくても、パットの1打目でカップに近づけることは十分可能です。そうすれば2パットでパーを取れます。

つまり、パターは一番安全な番手ですから、ベタピン(ピンをデッドに狙う)など考えずに、とにかくグリーンに乗せられるようにします。そのためには、グリーンの真ん中を狙うのが多くのアマチュアゴルファーにとって現実的で、かつ安全な策だと思います。

もちろん、ショートゲームに自信のある方なら、ベタピンを狙っていくのも面白いです。

正確不動法はスイングが短期間で完成するので、その分をショートゲームの練習に当てられます。その結果、ショートゲームの達人になれるはずです。

そうすれば、ベタピンを狙っていく方がより戦略的なゴルフを楽しめますし、スコアも上がるでしょう。

ただ、まずはグリーン中央を狙っていくゴルフで自信をつけることをおすすめします。

なお、この記事を書いた後に、伝説的アマチュアゴルファーの中部銀次郎さんがどのホールでもグリーン真ん中を狙っていたことを知りました。青木功プロが中部さんがプロにならなくて良かったと日本経済新聞の私の履歴書に書いておられましたが、それほどの実力者でもこんなに堅実な戦略をとっていたんですね。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)