ホーム » コース戦略 »

グリーンのどこを狙うか 受けグリーンと上りのパット

グリーンのどこを狙うか 受けグリーンと上りのパット


正確不動法では、グリーンの真ん中(中央)にボールを落とすのが基本的な攻め方です。

しかし、それでは物足りない、もっとピンをデッドに狙っていきたいという方のために、応用的なグリーンの狙い方をご紹介します。

スポンサーリンク

ただし、あくまでも応用的な戦略であり、ベタピン(ピンのすぐそばにつける)を狙っていくのはリスクも大きくなることにご注意ください。

よほどアイアンショットやアプローチに自信があるのでない限りは、基本どおりグリーン真ん中を狙う方が確実です。

グリーンの狙い方

さて、その狙い方ですが、最初にグリーンの形状を見ます。

まず、受けグリーンの場合です。受けグリーンとは、グリーン手前からグリーンを見たときに、グリーンの奥が高くなっていて、グリーン手前側が低くなるように傾斜しているグリーンです。

グリーンが受けているとも言います。


受けグリーン

↑受けグリーンの図です。極端に描いています。右側がティーインググラウンドです。

スポンサード リンク

受けグリーンとピンハイ

受けグリーンの場合、グリーン手前に球を落とすと、グリーンが手前が低くなるように傾いているので、さらに手前に転がってしまいます。場合によってはグリーンから外にこぼれてしまうこともあります。

なお、ここでは傾斜の大きな受けグリーンについての説明をしています。傾斜が大きくなければ、ボールが転がってしまうというより、傾斜によってボールが止まりやすくなり、ゴルファーにとって有利となります。

ピンハイに落とした場合はどうでしょうか。ピンハイとは、プレーヤーから見てボールがピンの手前や奥でなく、真横に落ちることです。つまり方向性はややずれたが、距離感があっているショットのことです。ピンハイにつけられたということは、距離感があっている証拠です。

ピンハイに着けた場合、受けグリーンではピンの手前にボールが転がります。そのため、上りのパットが残せるので有利です。

最後に、ピンの奥に落とした場合、ボールが手前に転がって、ピンに近づきます。

これらのことから、受けグリーンの場合は、グリーンの手前は避けて、ピンハイかグリーン奥を狙うことになります。

受けグリーンの逆(グリーン手前から奥に向けて低くなる傾斜)の場合は、攻め方も逆にグリーン手前かピンハイを狙うことになります。

上りのパットを残す

続いて、上り(のぼり)のパットを残すためのグリーンの狙い方です。今回は傾斜のあまりないグリーンの場合です。

グリーンの狙い方では、上りのパットを残すようにするのがセオリーです。

上りのパットとは、低いところから高いところに向けて打つパッティングラインのことです。

下りのパットは難しい

一方、下りのパットとは、逆に高いところから低いところに向けてパットを打つことです。

なぜ上りのパットを残すのがよいのかといいますと、上りのパットなら強めにストロークできるからです。

パッティングは、強くストロークする方が、グリーンの傾斜や芝目の影響をあまり受けずに、ボールをなるべくまっすぐに転がすことができます。

弱くストロークすると、ボールは傾斜や芝目の影響を強く受けて、その分曲がりがちになります。

そのため、上りのパットが打てるグリーンの場所にボールを置ければ、上りの傾斜があるため、強めにパットができます。そうすれば、あまりボールが曲がらないようにパットできるので、カップを狙いやすいわけです。

弱く打たないといけない結果

逆に、下りのラインを残してしまうと、パットがとても難しくなります。少し打っただけで、ボールがたくさん転がってしまうので、どうしても弱く打つことになります。

そうすると、ボールが傾斜や芝目によって大きく曲がってしまったり、カップを大きく過ぎてしまったりするのです。

特にマスターズの舞台となるオーガスタのグリーンは、芝が短いので高速グリーンとか鏡のようなグリーンだといわれます。少し打っただけで鏡の上を滑るようにボールが転がってしまうのです。

そのため、せっかくアプローチでグリーンに乗せたボールが転がってグリーンの外にこぼれてしまったり、下りのパットを打ちすぎてグリーンの外へ行ってしまうのです。


具体的な方法

それでは、グリーンのどこを狙えば上りのパットを残せるでしょうか。

それは、最終的にカップよりも少し低いところにボールが止まるような場所を狙うことです。

最終的に、というのは、グリーンにボールが落ちた後に傾斜で転がることも計算した上で、カップよりも少し低いところにボールが止まるような場所に打つということです。


上りのパット

上の図も、右側にティグラウンドがある図です。傾斜は誇張して描いています。1のところに落とすと、一見上りのパットを残せそうですが、傾斜によってボールはもっと手前(図では右)に転がってグリーン外に出てしまうかもしれません。

一方2に落とすと、一見下りのパットが残ってしまいそうですが、ボールが同じく手前に転がって、上りのパットを残せるでしょう。

このように、上りのパットを残すというのはとても有効なコース戦略です

ただし、実際にはグリーンの傾斜を読み、カップの位置を考えて、なおかつ狙ったところに落とすだけのショットの精度が必要です。

そのため、かなりの腕が要求されます。もっとも、正確不動法でアプローチ(寄せ)を打っている方は、正確性に自信があるはずですから、上りのパットを残すように心がけることはさらなるゴルフの上達につながります。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)