ホーム » コース戦略 »

風に強いパンチショットの打ち方

風に強いパンチショットの打ち方


当サイトでは、風の対策は風に逆らわず、乗せる方法をご紹介しています。

しかし、他にも風の対策はあります。それは、パンチショットを打つことです。

スポンサーリンク

ただし、パンチショットはやや難易度が高く、上級者向けの応用的なスイングです。そのため、必ずしも使う必要はありません。

パンチショットとは、ボールの位置を右足の方に寄せて、ボールを押しつぶすようなイメージで打つショットです。パンチショットでは、弾道がかなり低くなるので、風の影響をうけにくくなるのです。

風の影響は、ショットの弾道が高いほど大きくなります。弾道は一般にフェード、ストレート、ドローの順に低くなるので、フェードやストレートを持ち球にしているゴルファーは風の影響を受けやすくなります。

そこで、弾道の低いパンチショットを打つことで、風の影響を減らそうというわけです。

○パンチショットの打ち方

1 ボールの位置を通常の左足かかと線上よりも右にずらします。ボールを右にずらせばずらすほど、弾道が低くなり、飛距離が減ります。

ボールの位置は練習場でいろいろ試してみて、お好きな位置を見つけてください。

スポンサード リンク

ハンドファーストで打つ

2 ボールの位置が右にある分、ハンドファーストという構えになります。ハンドファーストとは、グリップが通常よりも左(飛球線前方)にある構え方です。

3 クラブフェースはボールのすぐ後ろにソールします。そして、あとは正確不動法の基本どおりにテークバックして、ダウンスイングします。

4 インパクトでは、フェースが上からかぶさった形になります。そのため、ロフト角が小さくなり、球が低弾道で飛び出します。

飛距離は落ちるので、番手を上げる必要があるでしょう。

5 フォロースルーはあまり取りません。自然とフォロースルーのあまりないスイングになります。

パンチショットはタイガー・ウッズもよく使うテクニックですが、飛距離が普段のショットと違ってしまうので、使いこなすには練習や慣れが必要です。

無理にパンチショットを使う必要はなく、風に乗せようとするだけでも十分だと思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)