ホーム » コース戦略 »

ドライバーよりもアプローチやパットの練習を

ドライバーよりもアプローチやパットの練習を


スポンサード リンク

多くのゴルファーにとって「飛ばし」は大きな楽しみです。そのため、練習場でもドライバーを一番打つという人が多いでしょう。

もちろんドライバーの練習は必要ですが、正確不動法を実践されている方は、そんなにドライバーの練習は必要ないはずです。

スポンサーリンク

なぜなら、正確不動法なら飛距離がそんなには出ない代わりに、正確なショットを安定して打てるからです。

そうすると、その分の労力をショートゲーム(アプローチ、小技)やパッティングの練習に充てることができます。

そして、プロの世界に「パット・イズ・マネー」(パットこそ賞金になる)という言葉があるように、アプローチでピンに寄せてバットを入れなければ、よいスコアは出せません。

よく言われるように、300ヤードのドライバーショットも、1メートルのパットも同じ1打なのです。

そこで、正確不動法を実践されている方は、ドライバーの練習はそこそこにして、ショートコースなどでアプローチやパッティングの練習を重点的にされることをおすすめします。

小技はスコアメイクに直結

アプローチやパットはスコアメイクに直結する大事な技です。マスターズなどのメジャー大会でも、パットの入らない選手は必ずといってもいいほど勝てません。

そして、一見地味なアプローチやパットは、練習すればするほど上手くなります。その結果、ドライバーばかり練習しているゴルファーに大きなスコアの差をつけることができます。

ショートコースで実戦的な練習を

アプローチやパッティング、バンカーショットなどのトラブルショット、左足下がりなどの傾斜からのショットを練習するには、ショートコースがおすすめです。

練習場によってはアプローチやバンカーショットの練習をできるところもあります。そういったところも良いですが、トータルに実践的な練習ができるという点ではショートコースがベストです。

ショートコースなら料金も普通のコースよりはるかに安いですし、すこし高めの料金を出せば回り放題というプランがあることもあります。

特に回り放題なら、朝早く行ってプレイを開始すれば、何回でもラウンドできるので、わざと難しいところに打ってトラブルショットの練習をすることも可能です。

他にお客さんがあまりいなければ、後続がくるまで、バンカーショットの練習をするということもできます。

実践的な練習ができる

なによりショートコースでの練習はライなど実戦に即したものですから、練習場でひたすら打つよりもスコアアップに役立ちます。

ショートコースでもドライバーが使えるようなロングホールが入っていることもありますし、特にアイアンを多用するので、アイアンショットの良い練習になります。

パッティングも普通のコースと同じく、傾斜のあるグリーンで練習できますから、実戦的です。

ショートコースの唯一の欠点は、コースの距離が短いことですが、正確不動法をマスターされていればドライバーショットは正確に打てるはずです。

それなら、ドライバー以外の練習や実戦をすべてできる点で、ショートコースはとても優れています。ドライバーは練習場で少し練習すればよいのですから。

私も実は、普通のコースよりも安くプレイできて、しかも気楽に、おまけに回り放題なら何度もラウンドできるショートコースが大好きです。

気楽にプレーできるため、いろいろな戦略を試すこともできます。

ショートコースで頻繁に練習すれば、かなりゴルフが上達するでしょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)