ホーム » コース戦略 »

ショートカット、土手に当てるなどの応用的な攻め方

ショートカット、土手に当てるなどの応用的な攻め方


応用的と言いますか、裏技的なコース攻略の方法をご紹介します。ただ、私は試したことがありませんし、必ずしも使う必要のない技なので、読み物として読んでください。

土手にボールを当てる

これは結構プロでも使うようです。例えばフェアウェイの左側に土手や高台のようなものがあるホールで、その土手をターゲットに定めてティーショットを打つのです。

スポンサーリンク

すると、狙い通りボールが飛べば、もちろん土手に当たります。そして、土手に当たったボールは跳ね返ったり転がって右側に行き、フェアウェイにみごと落ちてくるというわけです。

これはなかなか面白いし実用的な技ですね!

ちなみにスライスが出てしまうというゴルファーも多いと思いますが、スライスになった場合はどうなるでしょうか。曲がり幅にも寄りますが、土手に当たらずにフェアウェイに置けるでしょう。

ということは、スライスが出ても万々歳となります。

逆に、球がフックしたりひっかけて左に飛んだ場合はどうでしょう。これも多くの場合は土手に当たりますから、同じくボールがフェアウェイに戻ってくるかもしれません。

というわけでこのテクニックは大体どこに飛んでも大けがをしないという、実用的なものでもあります。

うまく行かない場合も

ただ、必ず成功するというわけではありません。上手く土手にボールが行っても、ごろごろ転がってフェアウェイまで行かずにラフで止まるという場合もあるでしょう。

すると、傾斜のあるラフから次のショットを打たなければいけないので、難しそうです。

また、キャリーの途中で土手に当たる場合が多いでしょうから、飛距離が失われてしまうかもしれません。

それでも、例えば左が土手で右はOBという場合、絶対に右には打ちたくないものです。その場合に、左の土手を狙っていけば、右のOBゾーンに行ってしまい、ボールを探しに行ったが見つからず、ティーグラウンドに戻って打ち直し、スコアも落としてしまう、ということはなくなるでしょう。

というわけで場合によっては試す価値がありそうです。

スポンサード リンク

隣接ホールのフェアウェイを使う

これもユニークな方法です。ゴルフ場は各コースが林で区切られていることが多いです。

そのため、プロゴルファーでも、球が曲がってしまって隣ホールに打ち込んでしまうことは少なくありません。

そうしたミスショットではなく、あえて隣ホールを狙って打つというのがこの技です。

例えば、右ドッグレッグのホールで、右隣のホールのフェアウェイを狙って打っていくということが考えられます。こうすれば、ショートカットができるからです。

あるいは、自分のホールには大きな池やたくさんのバンカーがあるが、となりのホールにはハザードがないという場合も、隣のホールにボールを置くという戦略があるでしょう。

先日も、石川遼選手がこの戦略を使ってみごとにイーグルをとっていました。

ただ、となりのホールにわざと打つということは、打ち込まれるホールにいる人にボールを当ててしまう危険性もあるわけです。

おそらくプロがこの技を使うときには、隣のホールに人がいないことを確かめてから行うはずです。

一方、アマチュアゴルファーが隣のホールの人にどいてもらう、ということはできません。

そのため、われわれアマチュアがこの技を使うことは事実上できません。まあ、自分がそのコースを最後に回っている組で、キャディさんに了解をとればできるかもしれませんが…。

というわけで、わざと隣ホールに打っていくのは止めましょう。

ショートカット

最後はショートカットです。これはよく使われる方法で、アマチュアも行うことができます。

ショートカットとは近道のことで、例えば右ドッグレッグのホールで、フェアウェイ右に林がある場合。

普通の攻め方は、コースなりに打っていきます。フェアウェイが右に曲がっているので、ティーショットをフェアウェイ真ん中か左側に置くのが一般的です。

フェアウェイ右サイドに打っていったほうが近道ですが、林が邪魔になってセカンドショットを打ちにくいからです。

一方、ショートカットをする場合には、ティーショットで右の林をキャリーで越えていきます。すると、コースなりに打っていくよりも飛距離を稼げるのです。

ただし、この方法はハイリスクハイリターンです。打ち損じて思ったほど飛距離が出なかったり、大きく曲げてしまえば、ボールは林の中に消えてしまうからです。

すると、下手をすればロストボール、ボールが見つかっても林の中から次を打たなければいけません。

というわけで、ショートカットは飛距離に自信のある人か、球を曲げない自信のある人が採る方法と言えます。

ちなみに私は安全第一の攻め方なので、ショートカットをする勇気はとてもありません(笑)。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)