ホーム » ゴルフ用語辞典 »

ショートとは、ショートアイアンなど

ショートとは、ショートアイアンなど


スポンサード リンク

ショート

とは、グリーンをねらったボールが飛距離が足りずに手前に落ちること。またはパットしたボールが、カップの手前で止まってしまう場合をいう。(参考文献1)

ショットでのショートの場合、狙ったところよりも手前に落ちるわけですから、ピンまで距離が残ったり、バンカーや池などに入ったりすることもあります。

スポンサーリンク

その意味で、ショートしてしまうとスコアを落とす原因になります。

例えばグリーン手前に池があって、池には絶対入れたくない場合には、ややオーバー目に(ショートの逆)打っていくというコース戦略があります。

オーバーしてしまえばグリーンを外れてしまったりする可能性もありますが、池に入れるよりははるかにましというわけです。

また、手前に池があるというだけでプレッシャーを感じ、スイングを崩すこともありますが、オーバーめに打っていけば心理的に楽に打つこともできます。

ショートの原因としては、第一に単純に番手を間違えることがあります。例えば7番アイアンで130ヤード飛ぶプレイヤーが、残り130ヤードだと見積もって打ったところ、実際には140ヤード残り距離があれば、10ヤードショートするのです。

第二に、ストロークのミスです。緊張のあまり筋肉がこわばってうまく打てなかったり(イップス)、ストロークの軌道がインサイドアウトやアウトサイドインになってしまった場合、ショートになります。

第三に、ミスショットです。こちらのほうが原因として多いでしょう。例えばダフったり、トップしたり、大きくスライスしたりすれば、その分飛距離が落ちますので、ショートになります。

パッティングのショート

次にパットでのショートです。パッティングの場合、ショートの原因は第一に距離や転がりの読み違えです。例えば残り5メートルのつもりで打ったところ、上り傾斜がきつかったり、芝目の逆目が強かったり、あるいは単純に距離が残り6メートルだったら、ショートします。

パットはカップにボールが届かなければ、絶対にカップインできません。そのため、カップの30センチ先に届くくらいの強さでストロークするのが理想と言われています。

ただ、逆に強く打ちすぎて大きくオーバーすると、今度は向こう側からカップに打つ「返しのパット」が距離が長くなって難しくなってしまいます。

プロも苦戦するほどですから、パットはほんとうに難しいです。

ショートアイアン

7から9番アイアンの総称です。パー4のセカンドショット、パー5のサードショット、パー3のティーショットなどに使われることが多いです。

長さが短いのでドライバーのような打ちにくさがありませんし、ロフトが大きいのでバックスピン量が多くなり、球が曲がりにくいです。

そのため、私もショートアイアンがクラブのなかで一番好きです。

残り距離が短ければピッチングウェッジを使うときもありますが、そうでないときにはグリーンに乗せるショットで使われます。そのため、スコアメイクの鍵を握っているといっても過言ではありません。

海外や国内のメジャー大会を見ていても、アイアンの調子がよい選手が勝つことが多いように感じます。それは、こうした大会はコースセッティングが難しくなっていますので、正確にグリーンを捉えることが必要だからです。

私達がゴルフ練習場(打ちっぱなし)やコースの練習場で打ち始めるときは、体をほぐすためにまずはピッチングウエッジで軽く打ち、次にショートアイアンで練習するとよいと思います。

いきなりドライバーでは体もほぐれていませんし、ドライバーは球が曲がりやすく難しいからです。

その点、ショートアイアンなら前述のように球が曲がりにくいので自信も出ます。

ちなみにショートアイアンやミドルアイアンを打つときには、以前はドライバーと同じくトップでシャフトと地面が平行になるフルスイングで打てと言われることも多かったですが、最近はもっとコンパクトなスリークォーターで十分だと言われることが多いです。

アイアンは正確さが大事なので、そんなに飛ばそうとしなくてよいということでしょう。

ショートカット

左右にドッグレッグしているホールで、その曲がり角の内側を直線的にねらって打つショット。
一般に林や谷、池越えのショットになり、成功すれば次打がグンと楽になる反面、OBなどのリスクも大きい。

攻撃的なコース戦略の一つです。例えば左ドッグレッグのホールで、フェアウェイなりに打つのでなく、フェアウェイを直線的に突っ切って打っていくのです。

これですと距離を大きく節約できますから、成功すればかなり有利です。ただ、コース設計者もこうしたショートカットを簡単にできないように、工夫をしています。

例えば林を設置したり、池や海があったり、バンカーを置いたりします。

いわばハイリスク・ハイリターンの戦術ですね。アマチュアでも飛距離と正確性に自信のある方なら、試してみるのも面白いと思います。ただ一般にはおすすめしません。

プロの試合でも、果敢にショートカットを狙っていくゴルファーは魅力的です。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)