ホーム » ゴルフ用語辞典 »

ヒッティングエリアとは、ヒール、ヒールダウン

ヒッティングエリアとは、ヒール、ヒールダウン


ヒッティングエリア

とはインパクトの前後。インパクト・エリアともいう。(参考文献1)

インパクトゾーンと呼ばれることが多いです。ボールをフェースが叩くインパクトは、時間にすると本当に瞬間のできごとです。

スポンサーリンク

しかし、その前後の時間がインパクトを左右するということで、インパクトゾーンが重視されます。

よくレッスン書でいわれるのが、インパクトからフォロースルーまでは低く、長くというものです。

これは、一つにはヘッドアップを戒めているものだと思います。打ったら気を抜くのではなく、打った後も低く、長くフォロースルーをするつもりでスイングすれば、ヘッドアップは確かにしにくくなります。

ちなみに同じ意味で、テイクバック(バックスイングの始めのほう)でも低く長く、と説かれることが多いです。バックスイングとダウンスイングはほぼ対称の動きですから、フォロースルーを低く、長くするにはテイクバックもそうするというのは理にかなっています。

ただ、テイクバックを低く、長くしようとすると、スイング軌道がアウトサイドインになってしまう恐れがあると思います。私も経験済みです。

そのため、テイクバックに関しては低く、長くしようとあまり意識する必要はないでしょう。

インパクトからフォロースルーに関しても、正確不動法を実践されている方は「低く、長く」を意識する必要はありません。上体が起き上がらないように尾骨の角度を意識すれば、ヘッドアップは防げるからです。

スポンサード リンク

ヒール

クラブヘッドのシャフト寄りの部分。または、その周辺でボールを打ってしまうこと。

クラブヘッドの、自分から見て手前の部分です。ここは本来ボールを打つ場所ではありませんから、ここに当たると飛球線より右側にボールが急速に飛び出していきます。

そう、多くのゴルファーを悩ませるシャンクです。私も悩まされたことがあります。

タモリさんもシャンクに悩まされていたのを練習場に通いつめて解消したと明石家さんまさんがおっしゃっていました。

シャンクは飛距離も方向性もめちゃめちゃになるので、まったくスコアアップができません。

初心者がよく悩まされるどスライス(大きな曲がりのスライス)なら、曲がりは大きいですが一応飛びます。そのため、スイングを直さなくてもターゲットの定め方を曲がりを計算してずっと左側にすれば、ある程度のスコアを出せます。

しかしシャンクは、そういうことでは対処できませんから、アマチュアゴルファーの一番の敵と言えます。

それではこの恐怖のシャンクをどうすれば矯正できるでしょうか。いろいろ方法はあると思いますが、基本となるのはスイングの軸をぶれさせないことです。

そのためには、当サイトの正確不動法をおすすめします。当サイトにコメントを下さった方は、すぐにシャンクが直ったそうです。

ヒールダウン

トップスイングで上がっていた左足のかかとを、ダウンスイングのスタートで地面に踏み下ろすこと。

ヒールアップの反対です。ヒールアップとは、バックスイングで左足の踵を上げることです。

私はストレッチなどで柔軟性アップに努めていますが、体の柔らかさは生まれ持っての素質も大きいと思います。私はもともと体が固いので、なかなか柔らかくなりません。

といってもストレッチは無理をしてはいけません。逆に体を痛めてしまいます。

というわけで体の固い私ですと、どうしてもヒールアップしないとバックスイングができません。

ヒールアップはともすればリバースピボットの原因になりがちですが、これは正確不動法によって尾骨が自分から見て左に傾かないように注意すれば問題ありません。

そのため、ヒールアップは正確不動法では問題ないといえます。世の中には特に女性ゴルファーなど、ヒールアップせずにスイングするプレイヤーがいますが、私には信じられません(笑)。

さて、ヒールアップにはメリットもあります。それは、ヒールダウンがしやすいということです。

ダウンスイングの始動は、ヒールダウン、つまり左足の踏み込みから行います。これをしないと、手打ちになってしまいます。

そして、ヒールアップしているゴルファーは、ヒールダウンもしやすいです。

手打ちに悩んでいる方は、ダウンスイングは左足の踏み込みから始めることに注意して練習してみてください。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)