ホーム » ゴルフ用語辞典 »

フォロースルーとは

フォロースルーとは


フォロースルー

とはインパクト以後、フィニッシュまでのクラブの動き。フォロースルーを低く長くとるのがロングドライブの秘訣だ。

クラブの動きが止まるのがフィニッシュで、スイングの最終地点です。インパクトからフィニッシュまでの動きがフォロースルーとなります。

スポンサーリンク

ダウンスイングは始動してからはほぼ自動的に行われるので、ゴルファーとしてはダウンスイングやフォロースルーを正しくするためにできることは限られています。

正しいバックスイングを

正しいフォロースルーをするために一番大事なのは、やはり正しいバックスイングをすることです。

ボディーターンによるスイングというのは、いわば消しゴムの下半分を固定して、上半分をねじるようなものです。そして手を放せば、消しゴムが元の状態に戻ろうとして、上半分のねじれが自然に解消されます。

つまり、下半身をなるべく固定して上半身を正しく捻転すれば(バックスイング)、ダウンスイングは自然と行われるのです。

そのため、スイングが正しいかどうかの大部分はバックスイングで決まる、と言われるのです。

正しいバックスイングをするためには、両腕と肩を結んだ三角形を崩さないようにすることです。

スポンサード リンク

ヘッドアップは禁物

なお、フォロースルーは自動的に行われるのでゴルファーが気を付けられることはほとんどない、と書きましたが、ダウンスイングからフォロースルーにかけて一つ気をつけるべきことがあります。

それは、ヘッドアップしないことです。上体を起き上がらせないこととも言えます。

バックスイングでは捻転の力がほどけることでエネルギーが発生するので、それにつられてつい上体が起き上がろうとするのです。

しかし、こうなってしまうと、スイング軸も起き上がってしまうので、オンプレーンでなくなってしまいます。

そうなると方向性も飛距離も落ちてしまうのです。

ヘッドアップを防ぐ方法

それではどうすればヘッドアップ(上体の起き上がり)を防げるかといえば、正確不動法の基本通り、尾骨の角度を変えないことです。

少なくともインパクトまで、できればフィニッシュまで、尾骨の前傾角度を変えないことです。これが起き上がってしまうとヘッドアップになるからです。

ちょっとアマチュアゴルファーの方を批判することになってしまいますが、とにかく飛距離を伸ばすことだけを追求される方が多いように思います。

そのためにはヘッドスピードを速くするということになるのですが、そういうスイングになれば当然、上体を起き上がらせようというエネルギーも大きくなります。

それに耐えて尾骨の前傾角度を変えないようにするには、やはり腹筋や背筋などの体幹の筋力も必要になります。

その力が足りなければ、上半身が起き上がってしまいます。そうなれば、飛距離を伸ばそうとしているのに、ヘッドアップによって飛距離も方向性も落ちるという逆の結果になってしまうのです。

つまり、飛距離を伸ばすためには、ヘッドスピードを増やすだけでなく、そのスピードに耐えられるだけのスイングと筋力も必要になるということです。

プロの選手のスイングを見ますと、フィニッシュまで前傾姿勢を保っている選手が多いです。ヘッドスピードを出しつつ、あの姿勢を保つには、やはり長年の鍛錬が必要なのだと思います。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)