ホーム » ゴルフ用語辞典 »

プッシュアウトとは、その矯正法

プッシュアウトとは、その矯正法


プッシュアウト

とは、ボールが押し出されるように右に出ること。インパクトでのオープン・フェイスが原因。(参考文献1)

私もゴルフを始めてすぐの頃、プッシュアウトに悩まされました。プッシュアウトとは、右側に飛び出してそのまま真っすぐ飛ぶ球筋のことです。

スポンサーリンク

原因を考えてみましょう。スクエアスタンスで、クラブフェースをスクエア(飛球線に対して直角)に構えたとします。

そこからゴルフスイングしてプッシュアウトが出たとすれば、スイング軌道がインサイドアウトになっており、インパクトでフェースがオープンになっていたことになります。

どうしてそう言えるのかといいますと、右側に飛び出したのはスイング軌道がインサイドアウトである証拠だからです。

そして、そのまま真っすぐ飛んでいったというのは、フェースが飛球線に対してオープンになっていたからです。

もし、フェースがインパクトでアドレスの状態(スクエア)だったなら、球筋は右に飛び出して左に曲がるドローになったはずです。

ところが、まっすぐ飛んでいったということは、飛球線に対してオープンになっていたということになるのです。

スポンサード リンク

最近はわからないのですが、以前のタイガー・ウッズはドローヒッターでした。そして、ドライバーなどでよくこのプッシュアウトを打っていました。

彼は本当ならフェースを閉じてドローを打ちたいのに、そうならずにプッシュアウトになってしまったというわけです。

○ミスショット
プッシュアウトはミスショットです。インサイドアウトの軌道ということは、そのプレーヤーはドローを打ちたいわけです。それなのに途中から左に曲がらず、そのまままっすぐ飛んでしまうということは、フェアウェイ右側のラフに行ったり、林に入ったりしてしまいます。

それではプッシュアウトの矯正法です。当サイトの正確不動法のゴルフスイングを行えば、スイング軌道はインサイドインになり、フェースもスクエアでインパクトできるようになります。

ただ、私はドローを打ちたいという方のための矯正法をご紹介します。まず、スイング軌道がインサイドアウトというのは、ドローヒッターには問題ありませんので、直す必要はありません。

問題は、フェースが開いてしまうことです。そこで、第一にグリップを固く握りすぎていないかチェックしてください。そして、なるべくグリップの力を緩めるようにしましょう。

第二に、手打ちになっていないかチェックしましょう。手打ちになってしまうと、本来なら下半身がアドレス時の状態に戻り、続いて上半身が戻るという順序がおかしくなってしまいます。

その結果、上半身が本来よりも早く戻ってしまうので、グリップが先行してフェースが開いてしまうのです。

そこで、ダウンスイングを左足の踏み込みから始めるように注意してください。

この2点は、実はスライスを矯正する方法と同じなのです。フェースが開いてしまうという点は共通するからです。この2点を直すようにすれば、ほとんどのプッシュアウトは矯正できるはずです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)