ホーム » ゴルフ用語辞典 »

アイアン、アウトオブバウンズ、アウトサイドイン、アッパーブローなど

アイアン、アウトオブバウンズ、アウトサイドイン、アッパーブローなど


スポンサード リンク

アイアン

とは、クラブヘッドが金属でつくられたクラブ。ロフト角によって1番から9番までがある。1から3番までをロングアイアン、4から6番までをミドルアイアン、7番から9番までをショートアイアンと呼ぶ。(以上、参考文献1)

アイアンセットとは、最近では5番から9番までのアイアンと、ピッチングウェッジ、サンドウェッジがセットになったものが多いです。

スポンサーリンク

ちなみに7番アイアンの飛距離の2倍がドライバーでの飛距離の目安といわれます。

石川遼選手は、0番アイアンを使っています。これは1番アイアンよりも飛距離が出るようです。
参考:クラブの知識

アウト

18ホール前半の1番から9番までのこと。昔のイングランドのリンクスコースの前半がクラブハウスから遠ざかり、後半9ホールがUターンしてクラブハウスに戻るようになっていたことに由来する(参考文献1)。

アウト・オブ・バウンズ

プレー禁止区域のこと。通常白杭もしくは白線で表示され、ここに入ったボールはプレーできず、1打のペナルティを付加して、前位置から打ち直しとなる。OBともいう。(参考文献1)

OBといわれることの方が多いですね。そしてゴルフにおいて一番嫌な言葉の一つです(笑)。たいていはホールの右か左側の端にOBゾーンが設定されています。

たとえばティーショットでOBになってしまった場合、1打を加えて、3打めをティーショットから打ち直すことになります。

アウトサイドイン

とは、ダウン・スイングからフォロー・スイングにかけて、クラブヘッドの描く軌道が、飛球線の外側から内側に向かって入ってくるスイング軌道のこと。

初心者に多く見られ、この軌道でショットされたボールはスライスになりやすい。(以上、参考文献1)

スイング軌道にはアウトサイドイン、インサイドアウト、インサイドインの3つがあります。飛球線の外側とは、スイングする人から見て体から離れた方、内側とは体に近いほうということです。

アウトサイドインのスイングですと、インパクトでクラブフェースが開いた形になりやすいので、スライスの原因となります。

もっとも、スライス自体が悪いのではなく、スライスの曲がりを小さくすれば、フェードボールとなり、正確性の高い立派な球筋となります。

また、曲がりの大きなスライスを持ち球としているプロゴルファーもいて、たとえばセルヒオ・ガルシア(スペイン)がそうです。

また、お名前は忘れましたが、海外の有名プロゴルファーが、「年齢を重ねると、アウトサイドインのスイングをするのがきつくなり、インサイドアウトのほうが楽だ」ということをおっしゃっていました。

これはおそらく、クラブを外側へ上げていくという動きは内側に上げるよりも不自然な動きだからでしょう。

一般のアマチュアゴルファーで言えば、初心者はアウトサイドイン、中級者から上級者はインサイドインかインサイドアウトのプレーヤーが多いようです。
参考:どのスイング軌道がよいか

青杭

とは、コース上の修理地をあらわす表示杭。

赤杭

ラテラル・ウォーターハザードを示す表示杭。

赤杭

向かい風のこと。アゲインストとも言います。アゲンストのときは風によってボールが押し戻されるために、飛距離が落ちます。そのため、風速によってクラブの番手を変えたり、スイングの大きさを大きくする必要があります。

なお、向かい風などの風の影響を受けにくくするために、低弾道のパンチショットがあります。

アシスタント・プロ

プロゴルファーの資格を取得していない「プロ予備軍」。アマチュアのレッスンを本職としている。いわゆるレッスンプロとは異なる(参考文献1)。

アシスタントプロについては私も名前しか知りませんでした。プロを目指しながらレッスンをしているところがレッスンプロと違うのでしょうか。

アッパーブロー

クラブヘッドがスイング円(スイングアーク)の最下点を過ぎ、フェイスがやや上向きになったところでボールをヒットする打ち方またはその軌道をいう。
主にドライバーショットなど、ティ・アップしたボールを打つ場合のスイング軌道(参考文献1)。

アッパーブローは、レベルブロー、ダウンブローに対する言葉です。アッパーブローで打つことで、球を高く打ち出すことができます。そのため、飛距離を伸ばすことができます。

また、ティーアップされているボールはその分高い位置にあるために、アッパーブローが適しています。

ただし、アッパーブローでドライバーなどを打つにはティーアップの高さの調整や、たくさんの練習が必要となります。特に、高いティーで飛ばそうという考えもありますが、あおり打ちを招く恐れもあり、少なくとも初心者向けではないでしょう。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)