ホーム » ゴルフ用語辞典 »

アップライトスイングとは、アテスト、アドレスなど

アップライトスイングとは、アテスト、アドレスなど


スポンサード リンク

アップ

とは、マッチプレーで、勝っているホール、または人を表す言葉(参考文献1)。たとえば、私とタイガー・ウッズがマッチプレーをしていて、私が勝ったホールが3つ多ければ、3アップといいます(もっともウッズに勝てるわけありませんが)。

○アップ・エンド・ダウン
コース内の起伏のこと。アップ・ダウンともいう。アップダウンというほうが多いですね。たとえば、起伏が激しいホールのことを「アップダウンが激しい」といいます。

スポンサーリンク

ちなみに、マスターズの行われるオーガスタはコース全体の高低差が大きいそうです。


アップ・ドーミー

マッチプレーで、そのホールを勝つと、勝ったホール数と残りのホール数とが同じになる場合のこと。たとえば、マッチプレーで両選手が16ホール終了の時点でイーブンだったとします。

すると、17番でどちらかが勝てば、勝ったホール数が1で、残りのホール数も1になります。

アップヒル・ライ

上り坂のこと。ショットの際、左足が高くなる(右打者の場合)ような傾斜地のことをいう。このライからショットされたボールはフックボールになりやすい(参考文献1)。

いわゆる左足上がりのライですね。球がフック(左に曲がる)になりやすいため、その分右を向いてアドレスをするとよいです。

ちなみにプロの試合が行われるコースでも難易度の高いところは、フェアウェイの起伏が激しく、ポテトチップスのようになっています。あれではボールをフェアウェイに置いても次のショットが大変だろうと思います。

アップライト・スイング

とは、クラブヘッドの描く円(スイングアーク)が、地面に対して垂直に近くなるようなスイング軌道のこと。背の高い人や腕の長い人のスイングによく見られる(参考文献1)。

具体例としては、アメリカPGAのジム・フューリク(フューリック)が挙げられます。彼は背が高く、アップライトなゴルフスイングです。

アテスト

ストロークプレーにおいて、競技終了後、スコアに誤りがないかを証明するマーカーのサイン。このサインを忘れてスコアを提出してしまうと競技失格になる。(参考文献1)。

どんなによいスコアを出していても、失格になってしまうのですから恐ろしいですね。確かプロゴルファー猿か何かのゴルフマンガで、サインを忘れてしまう話があったように思います。

アドバイス

プレー上の決断やクラブ選択、打ち方などに影響を与えるような助言。通常のストロークプレーでは、自分のキャディ以外からはアドバイスを受けられない。万一違反すると聞いたほうも教えたほうも2打罰付加となる。
旗竿の位置やグリーンの方向など、公知の事実を教えるのはアドバイスとはならない(参考文献1)。

アドバイスはキャディ以外からは受けられませんので、ツアープロにとってはキャディはとても重要な存在なんですね。ちなみに石川遼選手は妹さんをキャディとして帯同していたことがありますが、これだとリラックスできるでしょうね。

それではツアーコーチをキャディにすればよさそうなのですが、そういう例はあまりないようです。

日本人選手が海外の試合に出るときは、やはり現地のキャディを起用することが多いです。現地の芝や風、コースに詳しいからでしょう。

アドレス

とは、ボールを打つ意志でスタンスを決め、クラブをソールすること。ショットの際の構え。ハザード内ではスタンスを決めた段階で、アドレスしたものとみなされる。

アドレス後にボールが動くと1打付加となり、動いたボールはリプレースして打たなければならない(以上、参考文献1)。

アドレスはスイングをつくる上でも、とても重要な要素です。アドレスを見ればそのゴルファーが上手いかどうかが分かるといわれるくらいです。

もちろんアドレスだけでその人の腕がすべてわかるとは思いませんが、だいたいにおいてアドレスのよいゴルファーは上手い人が多いです。

アドレスでまず重要なのは、背筋が自然に伸びているかです。背中が丸くても上手なゴルファーはいます(たとえばジャック・ニクラウスもそうだったと思います)が、やはり基本は背筋を伸ばすべきだと思います。

ただし健康上の理由や生まれもっての骨格もありますので、無理のない程度で背筋を伸ばすのがよいでしょう。

また、アドレスの時点で飛球線(ボールの最終的に落ちる方向)が決まります。そのため、ターゲットに向けて正しくアドレスする必要があります。

腕の角度が自然になっているかもチェックしましょう。私の場合は、クラブヘッドを地面につけてからグリップを握るようにしています。これなら、正しいライ角度でアドレスできます。

これでもライ角度がおかしい場合には、クラブを調整してもらいましょう。
参考:アドレスの仕方

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)