ホーム » ゴルフ用語辞典 »

コックとは、ゴルフ

コックとは、ゴルフ


スポンサード リンク

○コック
とは、バックスイングで手首を親指方向に折る動作のこと。

手首のコックとか、リストコックと呼ばれることが多いです。これはゴルフスイングを完成させる上でとても重要な要素です。

スポンサーリンク

ゴルフはツーレバー・システムだとよく言われます。ツーとは2、レバーとはてこ(梃子)のことです。つまり、2つのてこを使ってスイングは成り立っているというわけです。

そして、ワンレバー・システムのスイングとは、リストコックを使わないスイングのことです。これは、アプローチでよく使われるものです。

ただ、私は物理に詳しくないので、ワンレバーにおける支点、力点、作用点がそれぞれどこか、という説明ができません。残念です。

なお、スリーレバー・システムというものもあります。これは、トップ・オブ・スイングで左肘を曲げたトップになっているスイングです。

私もスイングづくりをはじめた当初はこれになっていました。これの方が飛距離は出るかもしれません。ただ、やはり正確性(方向性と距離感)はツーレバーに比べて劣ってしまうと思います。

手首のコックを正しく

さて、要はリストコックを使うと、使わないときよりもテコ効果を利用でき、飛距離を伸ばせるということです。

そして、コックを正しく行うにはどうすればよいかということが問題になります。これについては、ボディーターンによるスイングを正しくしていれば、クラブを持ち上げる際に自然とコックされますので難しいことを考えなくて大丈夫です。

次に、コックはどの時点で完了させるかという点について。これは、一般にハーフスイングのところで完了させると言われています。
参考:リストコックはトップで完了させる

アプローチをするときに、まったくコックを使わないのであれば、コックしないように意識すればよいです。一方、ハーフスイングよりも小さなスイングで、コックを使ったアプローチをするなら、小さくコックすることになります。

ゴルフ

規則に定められた規格のボールを、球を打つようにデザインされたクラブで、ティイング・グラウンドから1ストロークまたは連続するストロークでホールに入れる競技。

(中略)1ラウンドをパーと同じ打数で回れる人をスクラッチ・プレーヤーと呼び、それより多い打数を要する人にはハンディキャップを与え、技量が違っても同等に競える。

パーよりすくない打数で回る人にはプラス・ハンディ(打数にその数字を加える)を設定することもできる。(以上、参考文献1)

ゴルフとはなんぞや、ということは今まで考えたことがありませんでしたが、こういう定義を聞くとなんだか大学の講義のようですね(笑)。

ゴルフの発祥については諸説ありますが、オランダでの氷上の遊びがイギリスに伝わり、羊飼いが木の棒で石を叩いて穴に入れるというものになり、そこから現代のゴルフになったそうです。

ここで考えたいのは、穴に入れるのがゴルフという競技だということです。そんなの当たり前じゃないかと言われそうですが、あくまでも少ない打数でカップに入れるのを競うスポーツなのです。

遠くまで飛ばした人が勝つ競技ではないということです。もちろん飛距離を出せるゴルファーが有利なことが多いですが、かといって飛ばせれば必ず勝つわけではありません。

2010年に賞金王に輝いた韓国の金選手も、ティーショットの平均飛距離は270ヤード台と、どちらかと言えばプロでは飛ばないほうです。

それでも彼は確実に勝利を重ねたわけです。このことからも、ゴルフは飛距離よりもまずはショットの正確性が重要だといえると思います。

さて、パー72のホールなら72くらいで回れるゴルファーをスクラッチ・プレーヤーと呼びます。シングルの中でも最高に上手なレベルですね。

これほどの腕前になるには、よほどの時間(とお金)をかける必要があるでしょう。

というわけで普通はハンディキャップが与えられます。このハンデが一桁なのがいわゆるシングル・プレーヤーです。シングルはゴルフの上級者の代名詞でもあります。

ところで、シングルになるのはとても難しいようにも思えます。しかし、ゴルフは多くのスポーツと異なり、クラブという道具を使えるという特徴があります。そのため、フィジカル面(身体能力)がそんなに優れていなくても、飛距離を十分カバーすることができます。

また、メンタル面の重要性が高いのも特徴です。そこで、筋骨隆々の飛ばし屋ですが自分をコントロールできない(無茶な戦略を採る)プレーヤーと、あまり飛ばせませんが慎重に、安全に攻めていくプレーヤーとが対戦すれば、後者が勝つことが多いです。

そんなわけで、ゴルフは身体能力だけでなく、冷静な判断のできる頭も実力のうちなのです。

そこで、ショットの正確性を高めて狙ったところにボールを打てるように練習し、堅実なコースマネジメントをすれば、そんなに練習しなくても、シングルにはなれるというのが私の持論です。

最後に、プラス・ハンディについて。プロとラウンドしたりすれば、プラスハンデを設定する必要もあるでしょう。ただ、プロのような人はバックティーやチャンピオンティーから打つ、そしてプラスハンディはつけないというのも面白いと思います。

後ろのティーから打つだけでも、飛距離の面で不利になるからです。

スポンサーリンク


サイトトップページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)